2018年4月11日水曜日

えー。ご無沙汰しております。

えー、えー、えー。ご無沙汰しております。
2017年度、昨夏から諸事情ございましてムサビ通信からは完全離脱しておりますsizuでございます。
はたして私の存在を覚えていらっしゃる方がいるのかどうか……謎は謎にしておきまして、学費振り込みしました。


はい!大切なことなのでもう一度。

学費、振り込みました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

つまり、2018年度で卒業するつもりです。ま、あくまでもつもりで、希望的楽観以外の何物でもないのですが。
ってか、言うのはタダですしおすし。


昨夏に老父が事故で入院し、幾度かの手術を経て義足になり、それがきっかけなのか母が急速に事理弁識能力が落ちて介護は必要ないものの常に監視・付き添い(法律用語でいうところの介助)が必要な状態になりまして。
さらに兄嫁が重度の鬱から育児放棄になって実家に単身雲隠れしたうえに兄が単身赴任で老父母(病んでる)をぼくに押し付けたままさらに姪二人の面倒をみることになり、自分も盲腸で死にかけ、この一年で介護やら育児やら何やら、結婚もしてないし子供もいないのにやたらと詳しくなりました。
まぁ、その分課題なんて手がつくわけなどなく。
というか毎日仕事に行くだけでも精一杯で、日々生きることがこんなにも大変だったのかと痛感する日々が続き、今も現在進行形だったりします。

いや、すごいですね、都心エリア・ベッドタウンの育児・学童・介護環境の悲惨さって。
デイサービスも、一時預かりも、送迎サービスも、すべてがすべてにおいて争奪戦。
学童保育も争奪戦。
施設に入れる入れない以前に日中数時間だけ預かってもらうにも争奪戦。
必然、その仕事はぼくの免停寸前ドライビングスキルが担うわけで。

だれか免許の点数売ってください(笑)

自分一人なら人生なんてどうとでもなるんでしょうけれど、血のつながった人たちを見捨てずに生きることがこれほどに困難とは。
この一年で、介護や子育て、社会の問題、行政の穴、いろんなことを痛感しました。
あと、育児も介護も金がかかる。
とにかく、金がかかる。
びっくりするくらい金がかかる。
両親が安全に生きることを助けてもらうサービスを受けないと会社に行くことすらできない。
仕事に行く。たったそれだけのことなのに、べらぼうに金がかかるんです。
ほんと、もう……びっくり!!!(ꐦ°д°)


というわけで、ずっと断っていた文字書きの副業をして頭金だけでも稼ぐことにしました。
だって、施設への送迎してほしいだけなのにナントカの諸費用やら入会金やら、中古の軽自動車買えちゃうくらい必要なんですよ。
ほんともう、どんだけ金むしりとられんだ?って呪いたけど、稼がないことにはムサビにも復活できないなら背に腹は代えられねぇ。


というわけで、昨年10月から今年の夏までに一作品30万字平均×3作品の原稿に追われております。
あぁ、ブログ書いてる文字数で作品を書かなければ……(;´༎ຶД༎ຶ`)ああ゛あ゛ぁぁぁぁぁ←


ほんとウン十年前から根っからの腐女子でよかったと思いました。
そして同人で鍛えてて本当に良かった(笑)
さらにはぼくの腐った駄文への商業需要があったことに感謝しかありません。
某出版社に努めている30年来の腐友よ、ほんとうにありがとう。
まぁ、締め切りキツくて卒制展も何も行く余力ないくらいには鬼畜スケジュールだけど、本当は今こうしてこれ書いてる間に原稿やれっていう話なんだけど、なんだけどね、安心して。ぼくは君の期待に応えるよ。そして全腐女子が萌え腐って墓乱立するようなやつ、書いてやるぜっ!


で、ですね、学費を振り込みしました。
自分にとって大切なのでもう一度。


2018年度分の学費を一括納付しました(๑•̀ㅂ•́)و✧


今、諸々に進めているモノコトが滞りなく進んで原稿料が入って経済的なことも解決してくれれば7~8月くらいには今の連日睡眠3~4時間介護育児生活から脱せられるでしょう。
その希望的観測が実現するようにとの願掛けの意味もこめて、学費を納付してきました。


人生、何がおきるかわかりません。
その何が起こるかわからないものがこの一年で怒涛のように押し寄せてぼくの生活を蝕み、その蝕はぼくの身体も蝕み、それでもなんとか復活してその浸蝕に抗って、なんとか未来に向かって歩を進められるんじゃないかな、というところまではこれました。
母の腹から生まれ、今生きている以上、自分が生まれた使命は全うしなければきっと後悔が残ると思うのです。

最近、思うんですよ。
多分、自分がもし結婚していて、子供産んだりしていて、そんな人生を送っていたら今、こうして老父母や兄夫婦の子供たちを面倒みながら仕事するなんてこと、できていなかったんじゃないかなって。
だから今がふんばり時なんじゃないかなって。






ここまでを記憶が正しければ3月の下旬頃に書いて、そのまま中途半端にブログを書くに至らず放置してしまいました。
たぶん、力尽きていたんでしょう。
自分でもわかんないですけど。


って。こんなことを今、ピーテルから書いています。
ピーテルってどこかご存知ですか?
きっとYOIクラスタさんはわかりますよね。
ピーテル。=サンクトペテルブルク。
ヴィクトルとユリオがスケートを生きてきたその聖地。
脱日本をして心が少しおちついて、そうしたらなんかね、ムサビを思い出していたんですよ……不思議ですね。

ピーテルは今、早春。
日本では桜も散り葉桜が緑豊かに輝きはじめていることでしょう。
ですが極北の大国のここではまだ、寒さから己を抱きしめるように花弁を纏い、固いつぼみがほんのりと色づいて、今まさに花が開こうとしています。




これの続きは履修登録編になると思います。
ってか、なんで異国の地から履修登録票を国際郵便で送ったんですかね?(笑)
でも、それくらいには、今の自分の中でムサビ通信が再び芽吹きはじめているんじゃないかな、って、想います。

ってか、まともにブログも更新できていない中、本当に卒業できるんだろうか……課題に心を集中できる時がくるんだろうか?
でも、父が義足で近所に買い物に行けるくらいには回復してくれたので、少しばかり心の余裕が生まれたことは確かです。
だからこそ、皆を預けるところに預けて、ぼくは異国の地を堪能しています。
(なんてかっこいいこと言ってましけど、単なる聖地巡礼なんですけどねwww)
でも、これまでムサビもブログも何もかも棚に上げてきたので、復活はしたいです。
だって、ぼく、ムサビ通信の学生だもん!


というわけで、ぼくのこと、思い出してくれる方がいらっしゃったならこれ以上の悦びはありません。
今はコミュ研の新教科書にぼくの紙芝居が載ってるらしいのを帰国してから見るのをたのしみに、異国の地を堪能したいと思います。




――待て、次号。次は履修登録だ!!!???


------------
今回の費用

2018年度、一年分の学費一括納入
285,000円