2017年9月14日木曜日

今年度の卒業をあきらめました。

このブログはもちろん、Facebookとか、アナログにつけている日記とか、そういうものにあまり書き記したくなかったんですが、やっぱりぼくのムサビ通信生活で大きなことなのできちんと書いておこうと思います。

ぼくの父は80才を超えた立派な老人です。
父は幼少期に後天性小児麻痺を患ったので、左足が小鹿のように細く、あてずっぽうですが小学校高学年くらいの男子くらいの細さと長さしかありません。
過去に手術とかいろいろしましたが、つい先日までは矯正靴と杖でよちよちぽちぽち散歩に行けるくらいには歩くことができていました。
老人用の三輪車(ちゃりんこ)で一駅先までお買い物にもいけました。
そんな父が、歩けなくなりました。

父は徒歩で外出のとき、信号待ちをするときは歩道で信号待ちをします。
片手に信号機の柱に手をついて、もう片手には杖を持って、転ばないようにいつも自衛していました。
そんな父に歩きスマホの人がぶつかりました。
父はちょうど信号が青にかわって歩き出そうとした瞬間だったそうで、人通りもほとんどないそこで誰かがぶつかってくるなんて思ってもみなかったそうです。

そうしてぶつかられ、転びました。
ぶつかった人はぶつかったことにも気が付いていないのか、そのまま振り返ることもなく立ち去ったそうです。
父はそこで骨にヒビがはいりました。
健常者で若者ならちょっとよろめくだけですんだのでしょう。
ですが、父の足は幼少期から未発達の脆い足です。
しかも齢80歳を超えて、その骨の脆弱さたるや、想像に容易いのではないかと思います。


その事故はまさにお盆休みは明日からだー°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°というときにおこりました。
明日からは溜まりに溜まった課題、やるぞ!卒制のノーテーションの本の翻訳もするぞ!どれからやろうか。どれが最優先か。そんなことを考えながら家路につくその一歩手前の交差点で、救急車が目に入りました。

なんか事故かな?と思って近づきました。
そしたら、その信号のある交差点近くでぼくが子供の頃から営業しているお店の人が「sizuちゃんのお父さんだよ!」って声をかけてくれました。
あとからわかったのですが、その声をかけてくれた人がたまたま外出先から戻ってきたところで倒れてうめいている父を発見して、すぐに救急車を呼んでくださったとのことでした。

ご近所さんって、ありがたいですね。感謝、感謝。
近々あらためてお礼にうかがわせていただきたく思います。


というわけで、父は絶賛入院中。
これまでは父が母といつも一緒にいてくれましたが、ぼくが家にいない間、母が一人になってしまいます。
母はくも膜下出血の後遺症があり、いろいろあって一人にしておけない為、父の入院の面倒とともに施設や兄夫婦の家への送り迎えをするようになりました。
早朝から母を連れて兄の家へ行き車を借りて、その足で父の病院へ片道1時間~1時間半かけていきます。
父のほうの用事を済ませて、また1時間くらい運転して母を施設か兄の家に送り届け、車を返してそこからさらに1時間かけて会社へ。
夜は兄か義姉のどちらかが母を家に連れてきてくれて、ぼくが会社から帰るまで母と一緒にいてくれています。

そんな生活がはじまって1ヶ月が過ぎました。


え?なんですか?
課題って、なに?
卒制って、おいしいの?(笑)
やっぱりかつ丼って、おいしいよねー。



※写真は小諸そばのカツ丼セット。たぶん週に3回は食べてる(笑)
小諸そばのカツ丼はヒレカツで、まじ美味です。セットのミニかつ丼でヒレカツ2枚、かつ丼単品だと3枚。たっぷり肉肉できます。もうね、これ食べるとお高いとんかつ屋のお高いかつ丼食べるの馬鹿らしくなります。はっはっはー
あ、決して小諸そばの回し者ではありません。
ある意味信者ですがŧ‹"ŧ‹"(●´ㅂ`●)ŧ‹"ŧ‹"


というわけで、ぼくは今、一日一かつ丼の幸せのために生きています。


父は骨の代わりになる棒みたいななんかを埋め込む手術をするか、潔く義足にするか、再手術の体力がそもそもあるのか、体力がなかったらこのまま寝たきり車いす生活に突入になるけどどうするか、そういうことを延々と悩んでいて、今だに答えが出せない状態です。
とりあえず体力が落ちないように元気なほうの足の筋力維持やら食事やら、病院でがんばってるので、一応長女としては父の決断を尊重してやれるだけは父の人生を応援したいと思います。

なので、今年度の卒業はあきらめました。
っていうか、ムリ!
先生方、相談に乗ってくださったみんな、ごめんなさい。
来年度は卒業するから、今は家族を優先したいと思います。


最後に、歩きスマホ、やめようね♡

2 件のコメント :

  1. 私も様々な事情で卒業なんてまだまだ至りません。。。
    お父様、大変でしたね。でも、片方の足は大事に至らずまだ良かったですね。
    というか、sizuさんがぼく、というのでてっきり男性だと思っていたのに
    女性だったことにびっくりしています。。。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございますーヽ( ´¬`)ノ
      あはは。驚かせてしまったようですねw
      まぁ、この歳になったら性別超越して怪物ですけどね、はっはっはw
      本当にいつ何があるかなんてわかりませんよね。
      お子さんいらっしゃる方なんてもっと日常的に大変だろうなと思います。うちの父なんてまだ動き回らないだけましかもしれません。
      まぁ、お互いにのんびり卒業目指しましょう♪

      削除