2017年6月25日日曜日

卒業計画-1、アップしました!

卒業制作。
こいつを履修して、かつ、履修登録時に「卒業希望」と一筆添えるなりなんかWEBキャンパスですると、A3版ペラ1枚の「卒業計画-1」っていう紙と、研究室(なのかな?)宛にメールアドレスの届出メールしてねっていうご案内が届きます。
ここにいうメールアドレスは、ぼくの理解では「卒業制作を進めていくにあたり連絡するために使用するメールアドレス」ということなんだと思ってます。
メールアドレスはこれですよ、の連絡をすると、次にそのメールアドレスに「2017年度卒業制作専用のFacebookグループがあって、そこで卒業計画やらいろいろすることになるから、Facebookグループに加入できるようにいろいろ手続きしてね」みたいなことを書いたメールがきます。
そして、それに従って手続きを進めます。
次に紙ベースであらかじめもらっていたA3版ペラ1枚の「卒業計画-1」のPDFがデジタルベースで届きます。
ダウンロードしてダブルクリック・・・どうもAdobeCC最新で作ってるようで、ぼくのCS6では開けない・・・無理やり開くとフォントが同じフォントなのにMac用とWin用の違いで認識されない・・・しかたないのでひとつひとつ置換していく・・・そして無事に開いてWin版CS6で保存。

・・・ってか、下位互換できるように配信してほしかったな・・・

そんなこんなで、つい先日が「卒業計画-1」の提出期限でした。
コミュ研Ⅱの怒涛のスクーリングから中3日が提出リミット。
本当ならスクーリングの記憶が新しいうちに事後課題(通信課題)の取材先への報告をするための制作物の制作を開始したいところだけど、そこはぐっとがまんして「卒業計画-1」を進めました。

デザインをする者、納期は絶対、ですよ!!!

さすがA3ペラ1枚。
そもそもデザインシステム研究のときに「下手側半分はあまり考えなくていいよ」なんて言われてたので、あまり考えずにガツガツ文字を書いていきます。
ちなみに上手側半分には「これまでの課題で興味をもったり評価がたかったのってなに?」「社会的に興味もってることってどんなこと?」「卒制でとりくんでみたいことって、どんなこと?」を書きます。
でもね、これってデザインシステム研究でさんざんやってきたことなんですよ。
だから、先生はその過程をわかってるから、テキトーでいいよってかんじのことを言ったんだと思います。
で、上手側半分には「実際に卒制で何したい?」ってことの構想というか妄想を書きます。
こっちのほうがきっと大事。
デザインシステム研究ではここを探ったり体験したり実験したり調査したり掘り下げたり・・・いろんなことをして、下手側半分に端的にまとめられる土台をつくったようなもの。
デザインシステム研究スク後にさらに調査などを進めてわかったことも含め、現状を言葉と図やスケッチで表現します。

ここのぼく的ポイント。
A4縦1枚に集約できること。

マーケティングやらプレゼンやらを仕事にしてる人は知ってると思うんですけど・・・「1枚企画書」っていうのがあるんですね。
ぼくはあんまり詳しくないんですけど・・・あ、これ。このネット記事がわかりやすいかも。

孫正義流の社内企画書「A4・1枚、最初の10秒」で落とすべし
http://president.jp/articles/-/15891

※ぼくは孫さんはすごいと思うけどアンチSoftBankです。関係ないけどAppleクラスタですがアンチMacです・・・VIVA!DOS!VIVA!ビルゲイツ(。-∀-) ニヒ♪


饒舌は時間の浪費、真意への華美装飾。
そういうことなんだと思うんですよ。
自分がやりたいこと。それをA4縦1枚になるくらいシンプルに「肝心要」を集約できないと、いくら飾ろうがすばらしいプレゼングラフィックを作ろうが相手の心には響かない。
A4縦1枚で伝えられないこと、最初の10秒でピンとこないものはしょせんその程度のもんだってことなんだと、ぼくは思ってます。

自分の実務でもこのA4縦1枚企画書は絶賛活用してます。
1.なにがしたいか
2.したいことのフロー、ダイアグラム(10秒で内容がわかるように作る)
3.それをするための課題と課題への対応方針
これがぼくの中の三本柱。
案件にもよるけれど、たいていこれを全うすれば相手にぼくの真意は過不足なく伝わります。
実務ではこのA4縦1枚企画書を出す相手は上司(シャチョー)か営業がそれをもってプレゼンするクライアント。
卒業制作・・・だけじゃなく、大学生生活でいうところの上司やクライアントは先生たち。
その先生たちを10秒で落とせないといけません。

ぼくが言うにはおこがましいと思うけど、この「卒業計画-1」のA3横ペラ1枚の下手側半分(A4縦1枚)と上手側半分(A4縦1枚)って、下手側半分で自分の学生生活の集積の結果・現状をプレゼンして、上手側半分で卒業制作についてのプレゼンをしているんだと思うんですよ。
シンプルだけど、よくできた構成だなって、思いました。


というわけで、締め切り前日にFacebookグループに作ったPDFをアップロードして一応提出完了。
このあとは投稿に対して先生方(単独?複数?)による添削がコメントされるらしい・・・・さて、どんな添削がくるのだろうか・・・楽しみだけどイヤな予感しかしない・・・(╥ω╥`)


そしてきた、会社の繁忙期。
繁忙期を見計らったかのようにきたご贔屓・・・というより同門の妹弟子で姉師匠の卒業、LASTお茶のみ会、フェアウェル・・・その他もろもろのヅカオタ繁忙期。
そしてYOIイベントの抽選というYOIクラスタの繁忙期。
自分の所属させていただいているお稽古場がある学校の発表会への準備。

・・・じ、時間がない・・・

優先順位、イコール、タイムリミット順。
今は課題より先にひとりのタカラジェンヌの門出を優先しよう。
ぼくは最悪留年できるけど、彼女には今しかない。
留年も執行猶予もなにもない。
ただ、悔いなく昇華して新たな人生へと歩み出させてあげる一端を担いたい・・・あぁ、やっぱり卒制は2年計画かな。
なんにしても「あのときこれやっときゃよかった」とか後悔しないように、生きていきたいな~(*´﹃`*)


0 件のコメント :

コメントを投稿