2017年1月13日金曜日

G、ここに極めたり?

メディア環境論 通信課題「メディアの解剖」、提出~ヽ( ´¬`)ノ

180mm×180mmサイズで5ページ(表紙含む)が1冊。
これを4冊と、レポート1冊で計5冊。
この5冊をスリーブに納めて完成です。

・・・てか、分量多いし٩(๑`^´๑)۶
180mm×180mmとか紙面広すぎるし!
せめてCDのジャケットサイズ(120mm×120mm)なら1コンテンツ1ページにしやすいしまとめるのラクなのにぃ~
正方形なのと横長じゃばらだから組み版やりにくいし!!!めくって読みやすく、かつ横長にダラダラ伸ばしても読めるみたいなの、ちょー組み版やりにくひいいぃぃぃぃぃぃぃ


と、毎度文句だけは一丁前でございます。
や、ここくらいしかこぼすところないぢゃないですか・・・ねぇ。


というわけで『きっとあなたの知らないG図鑑』でございます。


ウラ表紙は閲覧注意です・・・


とにかく、組み版よりも中身のほう、取材だったり実験だったりいろいろが大変でした。
ネットや本でわかることはネットや本で見ればいいわけで、ぼくはネットや本を見てみようと思う動機になるものが作りたかったんですよ。
「みんなの頭の中のG」「ホンモノの生G」「Gと人間のバトル」「Gのいいとこ」のよっつのGの側面。
学習指導書によれば面を「解剖の軸」って言ってますけど、それぞれがぼくの体験を通じてぼくの脳みそからダダ漏れしたくらいじゃないと面白くないよな・・・と勝手に考えました。

まぁ、そもそもネットとか本からの寄せ集めだと「引用」だらけになっちゃってオリジナルもへったくれもなくなっちゃって課題が成立しなそうでもありますけど・・・。

テーマを「G」にすることについては、夏のスクーリングのときに先生に(先生が覚えていらっしゃるかは謎ですが)「テーマ、なんでもいいんですか?Gでもいいんですか?」って聞いたら「いいよ、やってごらん」って軽く言われたので、そのまま突き進んじゃいました。


まず、自分本位な主観ではなく、客観的な、みんなの中のGを浮き彫りにすることからはじめました。


アンケートや「Gの絵描いてください!」にご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました。
総勢103名もの方にご協力いただきました。
おかげさまでコレができました!


これはけっこうグロいかも・・・Gいっぱい描きましたヽ( ´¬`)ノ
生け捕りにして分解したり、Gの研究しているところに見学にもいきました!


実際にGとバトルもしました!ってか、ぼくのG研究はここから始まったのだ!
思えば夏のくそ暑いときに「やるならとことん実験・検証してやるー!」って思っていろんなGの殺し方をやってたらどんどんエスカレートしていって、とてもじゃないけど180mm×180mm×実質4ページの冊子じゃ納まらなくなっちゃって、だったら独立コンテンツにしよう!とか閃いちゃってイメージ編集ⅠのAtoZが生まれたんですよね・・・棚ぼたというかなんというか。


あと、Gのいいところもちゃんと入れました。
漢方薬のGを載せたくて中華街の漢方薬局中心に探したんですけど、刻んでもう銀色のパッケージに密封された状態では売ってるんですけど、刻む前のまるごとGを売ってる店がなくて、まるごとGを見たくてけっこう探しました。
横浜と神戸で20軒くらいまわって、横浜の中華街のお店でやっと見つけました。
関係ないけど、漢方屋さんのお姉さんが美人だったので写真お願いして「課題の作品に載せたい」って言ったら「それはダメです」って言われてしまいました(´・ω・`)
大塚寧々似でお肌つるつる!
漢方飲んでるとあんな綺麗になるんだろうか・・・ちょっと漢方に興味が沸いてきました(*´∀`)
あと、ぼくのGアートコレクションを紹介したり、Gを食べにいったりしました。

ってか、こうして見ると文字多かったかも・・
でも、もう出しちゃったし、きっとなんとかなる・・・はず・・・ああぁぁぁぁぁ

あと解剖レポートつけて、全部で5冊。



そもそも「Gはメディアじゃない!」って言われちゃったらおしまいです。
でも、そんなリスク覚悟で、ぼくはぼくの「Gはメディアだ!」ということを4冊の図鑑で訴えたつもりなので、ダメって言われたらぼくの訴求力が足りなかったということで諦めておとなしく留年の道を進みたいと思います。
・・・あぁ、神様、仏様、先生さまぁぁぁぁぁぁ(T人T)...ナムナム ナムゥ~♡


------------
今回の費用

紙代+出力代 たぶん1200円くらい(※勤務先社販価格(給料天引き)です)
送料(切手代) 35円×2(往復)

0 件のコメント :

コメントを投稿