2016年10月20日木曜日

「紙芝居」とか...((●゚д゚))ムリッ!!!

コミュニケーション研究Ⅰ、の、スクーリングに参加するための宿題その1。

紙芝居、できたぞーヽ( ´¬`)ノ


・・
・・・・
・・・・・・・・・・・・ってか、こんなんで、ええんか?( ̄_J ̄)ん?


紙芝居って基本的に裁ち落としのデザインになる(と思う)ので、B4をトンボつけてA3で出力したのを、A3サイズの白ボール紙に貼り付けて裁ち落としました。
最初、ボール紙に直接印刷しようとしたんですけど、うちの会社のへっぽこオンデマ機が盛大に紙詰まりしたので、仕方ないので別途出力した紙を貼りつけることにしました。




あと、上演用の演出にネジ(なんですよ?これ)を量産しました。
ボール紙が想像以上に堅くて、あやうく右手が腱鞘炎になるかと思いました。


裁ち落としした完成がこれ。


裏にはシナリオを貼りました。
シナリオの貼り方はのぶさんに教えてもらいました。
のぶさん、ありがと―(* ̄3 ̄)チュウゥゥ♡

シナリオはA4サイズに出力したのを貼りました。
シナリオには縮小版の「そのときにお客さんが見てる絵」を載せてます。
お客さんが何を今見てるのかわかっていながら読む(演じる)のとそうでないのは、ただシナリオを読む(演じる)にしても表現の幅とかアドリブ対応のしやすさとかがずいぶん違ってきます・・・ってことをだれかに教えていただいた記憶があったので、真似してみました( ´,_ゝ`)イヒ♪



さて、明日はこれを実演です。
過去にやられてきた先輩もブログで「羞恥プレイ」とおっしゃってましたが、まさに「それな(σ´-ω-`)σ」ですよ。
一応姪っこたちに見せたら「おばちゃん、こんなんやるの恥ずかしくない?」って、中学1年生に同情されてしまいましたですよ・・・うひぃ( ;∀;)

ってか、夏目漱石の「我が輩は猫である」ネタ使ってるんだけど、小学校4年生のほうにはネタが通じなかったです。
そりゃあね、まだ学校で習ってないもんね。
まぁ、スクは大人相手なのでそこらへんは大丈夫かとは思いますが・・・作りなおす時間もないので、今回はこれでいこうと思いまーす。

------------
今回の費用

白ボール紙(A3サイズ)15枚×36円=540円
出力代 200円くらい(会社の激安価格)

0 件のコメント :

コメントを投稿