2016年9月26日月曜日

Let's GOじゃんぱら o(o|o)/

情報通信ネットワーク スクーリング中間期間。
ググれないカスを極めた中間期間の2週間。
中間期間の宿題は、前半にやった「EC2サーバーにApache入れてファイルをアップロードする」を、ゼロからもう一度やる、でございます。
ぼくは前半で「EC2サーバーにApacheを入れる」までしかできなかったので、アップロードは未知の世界。
なので、そこはググってなんとかしないとなりまへん。

自宅のPC環境にMacがあればいいのだけど、ぼくのアクティブ環境ではWinしかありまへん。
なので、WinでSSHが使えるようにしないとなんですけどけどけど・・・

ググったり、他のデキる学生さんに教えてもらったいろぉ~~~~~んな方法が、どうにもうまくいかない。
うまくいかないどころか、エラーのメッセージで「Biosをいじれ」だの「コマンドプロンプトでDOSを改変しろ」だの出まくった挙句、エラーを収集すべく設定変えたりいじったりいろいろコマンド打ってたら自宅PCも職場のPCも破壊。
WinでSSHする方法5パターン×自宅・自宅ノート・職場の3台=15チャレンジ。
やればやるほどインストール途中でフリーズするはBios破壊するはOS崩壊するは・・・・・そして破壊しただけ再構築やら復旧やらせにゃならんし・・・そんなこんなで中間期間前半の平日5日間はほぼ「WIN-PCクラッシャー&復旧屋」と化しました。

当たり前ですけど、こんなことを会社から帰った後に夜な夜な日々やっていたので、他の課目の課題に手をつけるどころか、睡眠時間も取られ、毎日寝不足で会社で死んでました。
シャチョー、ごめんなさい(。-人-。)

そして中間期間ど真ん中の3連休。
6年前に電源系統が昇天してご臨終になったApple Mac mini 1.83GHz MB138J/Aの復旧を試みました。

まず、分解する前に外装をはずさないといけまへん。
Macって基本的にユーザーに中身を一切触らせない設計になってるもんで、外装はネジ止めではなて側面内部にある多くのツメで固定されているので分解はかなり困難だたりします。
で、この外装のバラしに便利なのが、お好み焼きのヘラ。
側面の爪部分隙間にヘラを入れてテコの原理でパクっと開ける。
これ、開いたときめちゃ感動しますよ!

中身がむき出しになったら次は大掃除。
ケーブルとかもはずして、隅々までお掃除します。
ケーブルの接触部分の掃除も忘れずに・・・これ、けっこう大事!

CPUグリスの塗り直しもして、メモリなどのパーツも刺しなおし・・・組み立て直して(といいっても基盤むき出し状態で)電源ON。
電気は通るがHDDから渇いた轟音が出てすぐ落ちるのでHDD交換のために○○年ぶりにLet's GOじゃんぱら。
日立製 HTS543280L9A300 80GB SATA 2.5を新品5000円前後、バルク3000円程度のをジャンクで780円で購入。
あと、焼けた接続ケーブル1本200円足して980円。
HDD交換してからもともと入ってた東芝のHDDを分解したらディスクが一部溶けてました・・・HDDのディスクって、溶けるのね・・・( ゚д゚)
光学式ドライブも掃除したらディスクを読み込むまで回復したのでApple Mac mini 1.83GHz MB138J/Aを買ったときについてたCD-ROMからMacOS10.4.11をインストール。
OS起動。
SATA正常稼働確認。
AirMac生存確認→ネット接続。
Safari起動→動作確認。
※ブラウザが古くてモダンブラウザ向けウェブサイトは一切使用できまへんでした。
Terminal起動→使えるっぽい!

マークダウンのAPPは全滅。
OSのバージョンが古くてモダンブラウザのインストールができない=モダンブラウザからしかマークダウンAPPはダウンロードできない=結局インストールできませんでした。
けど、一応ブラウザが動くのとTerminalは使えたので、とりあえず成功ヽ(=^・^=)ノ

ググれないカスなぼくには全体として拷問なスクーリング期間。
前半から2週間の中間期間を経て後半終わるまで、足掛け4週間。
この4週間で一番楽しかったのがMacバラしたのでした。
Mac(Apple)って、バラしたりしたらその時点で保障の対象外。
保証期間内は怖くて中身なんかいじれまへん。
そんなMacを、保証期間も切れていて、電源が入らなくなった6年前にAppleの保守にもってったら「新品買ったほうが修理するより安い」と言われて放置していた、ゴミ同然のMacを、心おきなくバラしまくって、掃除しまくって、パーツはずしまくったのは楽しかったです。
めったにできるもんぢゃありまへん。
Win-95の頃によく行ったじゃんぱら。
ぼくがJKの頃にいたじゃんぱらのお兄ちゃんは今もじゃんぱらにいて、立派な中年のおっさんになってました。
ま、それだけぼくも立派な中年のおばちゃんになってるってことですけど、でも、あのおにーちゃんがじゃんぱらにいたのが嬉しかったですー(´∀`*)

というわけで、3連休はMac復旧からの、宿題をやるためのTerminalを使えるようにするだけで全滅。

中間期間後半の平日は、ググれないカスが拷問のごとくググった結果、ファイルをアップロードはできなかったし、サーバに公開したHTMLは文字化けて読めなかったけど、とりあえず指定の.htmlをEC2サーバの指定のところに作るだけはできました。

さて、後半初日。
中間期間の宿題がちゃんとできてない(アップロードして文字化けすることなく指定の.htmlファイルがブラウザで閲覧できるようにできなかった)のは、ぼくだけでした。
もう、ぶっちぎり落ちこぼれ

後半スク前日に宿題ができなかった時点で、後半スクは放棄しようと思ってました。
けど、「ぼく、どうせ後半スクも追いつけないから行かないほうがいいよね。行くだけ時間の無駄だよね?」って相談した相手から、異口同音に「単位もらえなくても、ついていけなくても、その場にいるだけでもいいからいったほうがいいし、授業についていけなくても友達とかできたり仲間に会えるだけでも価値あるから、行ったほうがいいよ」って言われました。
思い起こせばたくさんの人・・・WinでSSHするのに力を貸してくれた先生やスク一緒のみんな、中間期間も掲示板でアドバイスくれたみんな・・・ぼくのために労力や時間を使ってくれたみんなにお礼も言わないのは人間としてイヤです。
ってか、単位もらえなくてもみんなの中で時間を過ごしたい・・・だんだんとそんな気持ちになっていきました。
とはいえ、気持ちが重いのは重いままだけど、それでも重い気持ちをズルズル引きずって、ぼくはスクーリング後半に行きました。

というわけで、後半の話はまた今度・・・・

------------
今回の費用

日立製 HTS543280L9A300 80GB SATA 2.5(ジャンク)780円
ケーブル200円
じゃんぱらへの交通費 360円

0 件のコメント :

コメントを投稿