2016年9月29日木曜日

子供たちと一緒に学んで考えたよ!

情報通信ネットワーク 通信課題1、提出~ヽ( ´¬`)ノ ・・・の続きでございます。

最終的に「小学生~中学生」向きのポスターの案なので、自分だけわかっても意味がないし、大人だけがわかっても意味がありまへん。
幸か不幸か、ぼくには小学4年生と中学1年生の姪がいるんですが、ちょっといろいろありまして、このひと夏、子供たちのとーちゃん(ぼくにお兄)が会社から帰るまでうちで子供たちを預かることになりました。
だいたいぼくが仕事が終わって帰るころにはお兄が迎えにきて帰ってたんですけど、週に2~3日は子供たちの相手をしながら一緒にお兄が迎えにくるのを待ってました。

これはチャンス!

折しも子供たちは夏休み。宿題もてんこ盛り。
小学4年生のほうは「興味をもったり不思議におもったことについての作文」を書かないといけません。
中学1年生のほうは自由研究で「ふだん使ってるけど仕組みがわからないものについて調べる」にしたそうで、これはちょうどいいと、ぼくの課題のためだけぢゃなくて、子供たちの夏休みの宿題も一緒にやるような感じになりました。
子供たちと一緒に情報について、ネットワークについて、インターネットについて、いろんなことを話ししたり、一緒にネットで調べたり、絵本を読んだりしました。
子供たちの質問に答えるために、ぼく自身がちゃんと説明できるように、教科書以外の本もいろいろ読みました。
そうして、子供たちと一緒に学んで考えたことを、テーマごとにポスター案として落とし込んでいきました。

というわけで、レポート!(計画案?)

何気に子供たちの脳みそに「???」だったのが「パケット」。
スマホやタブレットでゲームをやっていると、いつもお母さんから「パケ代高いんだからゲームもうやめて!」と怒られてるけど、そもそもパケ代のパケがなんだかわからない。
怒るお母さんもパケってなんだかわからない。
なんだかわからないもののためにゲームできないのは、子供たちにとっては一大事!!!


というわけで、パケットくんが主人公のマンガ風な感じにしてみましたヽ(=^・^=)ノ


中学1年生の落書きから生まれたパケット君。


パケット君はスマートフォンで通信という道路を歩いていくために、道路を通れるくらい小さくなっていくんですよ。


次に、中学2年生のほうの姪が塾・・・というか、学童保育の公文風味みたいなのが近所にあるそうで、そこで「2進数」らしいことをちょっと教えてもらったそうで、これがまったくわかんなかったということで、2進数をカードゲームで理解できるようにしてみました。
実はぼくも2進数ってあんまりよくわかってなかったんだけど、このカードゲーム方式をお兄から教えてもらったらイッパツでわかるようになりました。


ポスターの案なので、よく電車でみかけて、つい本気で問題を考えてしまう日能研の車内吊り(吊ってないな・・・シルバーシートあたりの扉横くらいに貼ってあるやつ)をイメージして、クイズにしてみました。


小学4年生の姪には難しくて、だんだんグズったりキレたりしてきたところで、コナンくんを出して二進数の計算を「暗号を解こう!」にしたら、曲がったヘソがピンと伸びて、あーでもないこーでもないと暗号を解き始めました。


おそるべし、コナン君パワーw( ̄△ ̄;)w!!!

最後はポケモンGO!


「このポッポ、どこからきたの?」
「このピカチュウ、どこに住んでたの?」
「なんでうちにはカビゴンきてくれないの?」

子供たちのそんな疑問をなんとか解決しようとがんばりました。


ちゃんと上の子が大好きなコダック(ってか、ぼくも大好き( ̄m ̄* )ムフフッ♪)も、下の子が大好きなピカチュウ(ってか、ぼくも大好き( ̄m ̄* )ムフムフッ♪)も描きました!




というわけで、スクーリングには間に合わなかったけど、提出!
とりあえず今の自分の脳みそと、子供たちと一緒に考えたり工夫したことを詰め込んだつもりではあるので、再提出でもなんでも、先生に「子供と子供レベルでできないババァががんばって考えたよ」ってことだけでも伝わったらいいなーと思います。


さて、コミュ研Ⅰの紙芝居作らないとだ・・・時間が足りなひぃぃぃぃぃぃ。。゛(ノ;▼▼)ノヒィー

0 件のコメント :

コメントを投稿