2016年8月12日金曜日

実験!検証!のスク中間。

メディア環境論スクーリングの中間。
前半スクと後半スクの間の5日間、前半で作ったFacebookグループを活用しながら、チームのメンバーそれぞれが「自分にできること」「検証してみたいこと」「アイディアの実現性の検証」などなどをやってみる。

やってみる=楽しんでみる。

なんか、小学校の頃の自由研究をしてる気分。

前半の最後に最終完成形をリアルかつ綿密に詰められたらよかったんだけど、検証してみないと決められないことが多かったので、チーム各自で間の5日間でいろいろ試したりしてみました。


ぼくのチームは、ぼくはコミュデだけど、ほか二人はデザシスの人です。
なんかコミュデ脳・能とデザシス脳・能の違いがすんごくよくわかりました。

なんていうか、実験して検証することに抵抗がないというか、その事実から詰めていく。
そんな感じがするんですよ。
コミュデだと「なんかできそう」とか「こんな表現したい」とか、そこに必要な技術とか道具とかは二の次にして完成形を目指していってる感じがするんですけど、システムの人は理想を実現するのに必要なことを洗い出して、実現可能性を検証し、そこからできる表現を再構築していく感じ。
思考回路がフローチャートみたいなんですよ。

しかも、もう、びっくりするくらい工作ができる!
なんで自宅にモーターがあるんだ?
なんで布を塗装するとかいう発想がうまれるんだ?
理科的なところ、物理的な考え方、そういうのがこの人たちすごいんですよね・・・べ、勉強になりますーm(__)m

というわけで、そんなこんなをしていて中間の中日くらいに先生方からコメントをいただく。
で、そのコメントから夜な夜なチャット会議。

何にフォーカスするのか。
どこをそぎ落とすのか。
新しいメディアとは何なのか。
第一優先順位はどこにあるのか。
これまでの実験・検証を通して無理だとわかったことに次なるリカバリー案などなど・・・チャットで相談。

この相談をうけて翌日も実験。
あと、必要になりそうなものの買い出しや準備。

これもね・・・実際に学校でやってみないとなんともいえないところというか・・・それぞれが想像できうる限りで準備をするしかない。

そんな中、水に針金アメンボを浮かべてたら、井之頭公園に浮かんでたのってアメンボだけぢゃないぢゃん?って思って、遊んでみました。


井の頭公園の弁天さまの宇賀神さまヽ( ´¬`)ノ


って、そんな遊んでないで明日の準備をしよう~!!!

明日からスク後半。
明日一日でほぼ完成にもっていって、明後日最終日は朝イチで動作確認する程度にしなくてはです。
完全にチームの足ひっぱってるけど、できることはがんばるぞ!
エイエイ (ι´Д`)ノ オー!!

0 件のコメント :

コメントを投稿