2016年7月8日金曜日

蛇腹折り製本についての回答

グラフィックデザインⅠ通信課題の蛇腹折り製本について学習質問したのの回答が帰ってきました。

学習質問と課題提出についてはコチラの記事でご参照ください。

『裏表紙がない本って・・・( ̄д ̄)アリエネェェェェェ』
http://sizu1974.blogspot.com/2016/07/blog-post.html

『製本がボロボロ・・・やばい。』
http://sizu1974.blogspot.com/2016/07/blog-post_5.html



で、学習質問なんですが、なんと、しらお課程長さま直々にご回答くださっていました。


・・・ってか、スクーリングで直接聞けばよかったぢゃん、これ ( ̄д ̄)


だって、イメージ編集Ⅰのスクで吉祥寺いったとき昼休みに出してきたんですよ。
その翌日には講評でしらお先生にお会いしてるんですよ・・・なんてこったー(;・∀・)

グラフィックデザインⅠの添削、違う先生がされるのかと思ったんですよぅ。
だから、質問への回答も違う先生がされるのかと思ったんですよぅ。

しらお先生、お手数おかけしてすみませんでした(。-人-。)

というわけで、質問への回答はこんな感じでした。

「24枚(24時間)の写真の連続性を重視したため、冊子としての形式を無視したという形にしたんですよ」

ほぉー。
やっぱり表3・表4がない(裏表紙がない)のは普通にある製本方法ってわけじゃなかったんですね。
なんか安心しましたー!

「ブックデザインより写真の考え方や完成度を重視したいということですよ」

写真の完成度っっっΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓
やばい。これは再提出かもだ・・・ひょえぇ。

「学習指導書の図の14に当たるページを表4にしてもかまいませんよ」

14を裏表紙(表4)にしたから、これは大丈夫だと思う!


というわけで、写真の完成度のあたり、コンセプト(24時間のとらえ方やアイディアそのもの)が先生が求めているところに到達してないか思考の齟齬があるか・・・・再提出の想定要因はそんなところかなぁ・・・と。
とりあえずのんびり添削を待ってみようと思います。

しらお先生、忙しいのにご回答ありがとうございました!!!

※先生の添削は著作権等を考慮してぼく語に翻訳コンニャクしております。

0 件のコメント :

コメントを投稿