2016年5月25日水曜日

わかんないまんま提出。

映像文化論 通信課題2、提出~ヽ( ´¬`)ノ

課題は「写真の発明と発達が社会に及ぼした影響を写真の歴史をふまえて考察しなさい。」でございます。
で、学習指導書によれば、レポートの書くべきことは

・それまでと何が変わったか
・写真の可能性がどのように広がったか
・人々は新たに何を与えられたか
・社会全体がどう変化していったか

だと、ぼくは読み取ったつもりでございます。

先の投稿に書きましたが、結局「写真の発明と発達が社会に及ぼした影響」と「写真の発明と発達の史実」の違いがわかりません。
なので、史実でも社会っぽい感じのところを、無理やり文末を「影響を与えた」や「○○が変わった」「写真の可能性が○○のように広がった」「人々は新に○○を与えられた」「社会全体が○○のように変化した」のどれかになるようにしたのをいくつか入れて、なんとか2200文字にまとめました。

あと、課題1の添削で「写真術発明前後から新興主義写真の手前まで」ってあったんですけど、「新興主義写真」ってなんですかね?
「新興写真」はわかるんですけど、「新興主義写真」って出てこないんですよね(´・ω・`)
新興写真は新即物主義でしょ?新即物主義のことを新興主義っていうんですかね?

いろいろ調べたけどわかんないままなので、とりあえずコダック登場までにしておきました。

さて、どんな添削がくるかな?
先生が「写真の発明と発達が社会に及ぼした影響」と「写真の発明と発達の史実」の違いがわかってないことを察知して、再提出で適切なレポートが書けるように指導してくださることを祈るばかりでございます・・・(○ `人´ ○) センセー!タノンマスー!!!

0 件のコメント :

コメントを投稿