2016年4月1日金曜日

総評がでても2015年度が終らん・・・

2015年度のデザインⅡの総評がやっとでました。
単位や評価は3月初旬に出ていたんだけど、まさか総評がここまで遅いとは思いませんでした。
あんまりにも遅いから、事務局に問い合わせをしてしまいました。

-------------------------
デザインⅡ総評について

2015年度「デザインⅡ」の遠隔授業についてですが、クラスルームの情報掲示板によれば2015年11月30日に「 2016年3月、教員の総評記述提出にて授業を終了します。」と記載があります。
本日3月29日で、3月も残り数日ですが、いまだ総評がありません。
すでに総評はなされているのでしょうか。
それとも私の閲覧環境の不具合で総評が見られないだけなのでしょうか。
-------------------------

それに対してのご返答はこちら。

-------------------------
Re:デザインⅡ総評について

「デザインⅡ」の総評ですが、
今月末までには行いますので、
もうしばらくお待ちください。
-------------------------

本当に今月末"まで"に総評が出ましたねぇ。
ムサビ通信では"まで"といったら、本当にギリギリの時間までに間に合えばよろしいということなんでしょうねぇ。
ちなみに今回は総評だけで、制作したWebサイトの個別の講評4月中旬"まで"出るそうです。
なんというか・・・もう卒業しちゃった人も履修している人の中にはいると思うんですよね。
卒業式も終わって晴れ晴れとした気持ちになるには、まだまだ時間がかかるって・・・ぼくだったらすっごいイラっときますねぇ。
ってか、お返事メールの謎の改行が気になりますねぇ・・・これ、ビジネス文書でやったらダメなやつですよねぇ。ねぇ。ねぇ。

というわけで、まだぼくの2015年度は終わらないのでございますよ。はい(´・ω・`)

総評ですが、約4500文字に渡って書いてくださっています。
先生はまるた先生。今年度履修したコンテンツデザインの先生でもあります。
コンテンツデザインをやる前に同じ担当の先生の総評を見れたのはラッキーヽ( ´¬`)ノ

内容はこんな感じでした。

まず、「課題全般について」で、最初に自己紹介ファイルアップされた人の人数、その次の企画書提出者の人数、そして最後の通信授業課題にあたるWebサイト制作まで提出した人の人数の報告がありました。
自己紹介をやった人の中から最後のWEB制作までたどり着いて評価の対象になったのは6割くらいの人数でした。
半数近く脱落していってしまったんですねぇ・・・企画書通った方なんかはちょっともったいない感じがしました。

次に、デザインⅡという科目の特徴や、評価の基準などの解説がありました。
評価はまるた先生と、もうおひとりコミュデのうえはら先生が一緒にされたそうです。
採点は、企画書とWEBサイトを参照しながら「Webサイト制作の3つの要素」「Webサイトのチェックポイント7項目」を基準としたとのこと。
このあたりは昨年度までとほぼ同じ感じの内容でした。

次にWebサイト作品についての、おふたりの先生方の感想や意見について書いてくださっています。
分量があるので、少しキーになるところだけご紹介しますと・・・

「まず、Webサイトを拝見して多く上がった疑問は、「このWebサイトは誰に向けているのか?」でした。」

ターゲットの見極めはWEBに限らず、デザインの世界では大事なことですよね。うん。

「次に、多く上がった意見は、「Webサイトの情報、文章、写真やイラストなどの画像は、どこまで本人が作成したのか?」でした。」

引用元が書いてなかったり、中には無断掲載していると思われる画像が多く見受けられたようです。
著作権関係は、やっぱりデザインの世界では大事なことですよね。うんうん。

「次に、多く気になったことは、Webサイトの写真やイラストの画像についてです。(略)画像の重さや通信速度の負担を感じることがありました。」

適正な画像処理はWEBデザインでもDTPでも基本ですよね。うんうんうん。


「情報の取り扱い方は「情報をデザインする」ということであり、(以下略)」

そうそう。WEBデザインって見た目きれいならそれで良しではないんですよね。
中身がデザインされていてはじめて外身のデザインができてきてくる。
このあたりはコンテンツデザインでも求められる内容かなーと思いました。


最後に「デザインIIを受講した皆さんへご報告」とうことで、1月に次の世界へ旅立たれたたかお先生のことに触れられています。
学生への報告がこのタイミングになったのは大学の方針とのことです。
なんか先生同士の間柄が垣間見える、ちょっと読んでてホロリとくる内容でした。

最後に、「終わりに、昨年度のデザインIIの総評より、高尾先生の言葉を一部引用して追記します。おそらく、高尾先生がお元気だったら、最後にこのような言葉を受講生のみなさんへお伝えするように思います。」ということで、高尾先生の言葉で総評はしめくくられました。


なんといいますか・・・全体的に先生方のお人柄とかを感じる総評でした。
総評の中でも、技術面やデザイン・表現面での内容は、WEB制作やデザインの基本のことがほとんどでした。
ただ、なんとなくですけど、Webサイトのチェックポイント7項目のトップ項目が「テーマの斬新さ」だったりするところが、学生らしいのびのびとした発想を大事にしてくれる科目のように感じました。

なんだか後味がとても滋味深い総評でございました。

※先生の添削は著作権等を考慮してぼく語に翻訳コンニャクしております。

0 件のコメント :

コメントを投稿