2015年11月3日火曜日

たいしたことないけど愛の結晶。

コンピュータ基礎Ⅱ通信課題1、提出~ヽ( ´¬`)ノ

プログラムで絵を描くこの課題。
課題1は課題2に先駆けてプロトタイプ的なもんでええよ~ん・・・みたいなことが学習指導書に書いてあったので、ありがたく、これまで「やってみたかったけどどうしていいんだかわからなかったこと」を実践させていただきました。

コンピュータ基礎Ⅱでは、JavaScriptか、Processingか、ActionScriptで絵を描く課題です。
はじめてプログラミングで絵を描く学生のことを考慮してのことと思いますが、課題1はプログラミングで絵を描くことになれるために、いくつかの決められたコード(ルール)を使って絵を描くことを求められています。

その条件というのが・・・

点・線・面(図形)のいずれか(もしくはすべて)を描画すること
色を数値で指定すること
繰り返し、条件分岐を利用すること
ランダム(乱数)を利用すること

の、よっつ。
このよっつを使っていれば、とりあえずOKなんだろうな・・・・・・・・・・・と思って、ぼくはこれまで算数ができない脳みそではどうしても実現する方法がわからなかったことに挑戦しました!
その挑戦とは・・・・・・・・・

『円状の範囲内にのみ何かを描画する』

これです。
たったこれだけのことが、どうしてもどうしても、どぉぉぉぉぉぉしてもできなかったのです。

※こんなレベルの人間がデザインシステムコースに進みたいと思うことを許してくれるのは、きっとムサビ通信だけだと思うでっす!!!


ぼくは言語をProcessingにしました。
そもそもこの課題に手をつけたのが4月。
昨年の情報システム基礎Ⅰでおーた先生にProcessingとの出会いを演出していただき、今年履修していたコンピュータ基礎ⅠのスクーリングでProcessingをやるということで前年度の復習をし、その過程を経た上で情報システム基礎Ⅱスクーリング前半のProcessingでのデータビジュアライズをやろうと企んでいたからです。

で、4月から、この『円状の範囲内にのみ何かを描画する』のコートを書くことに挑戦開始。
開始したものの、算数がニガテなぼくには、どうしても円というものがずっしりと超高層ビルレベルの難易度となって、脳みそをパニック状態におとしめてゆく。
5月にスクーリングで吉祥寺校にいったとき、デザインシステムコースのボス、ぼんばー先生に相談できる機会があり(というか、無理やりおしかけたのが本当!)、この脳みそパニック状態をぶちまけたところ、有力なヒントを得ることができました。
そのヒントを源にして考えに考えて・・・・・・・・・ぼくが信頼してやまないねーさんの知恵も借り、ぼくの(勝手に)Processingのプロ師匠にコードを見てもらい、その結果どうにも解決できなかったことを情報システム基礎Ⅱスクーリングでボンバー先生を捕まえて、あろうことか大デバッグ大会をしていただき、コードで実現するに至ることができました。

そうしてできたのがこれ。


絵としてはあ~んまり面白くないです。
なんですけど、これを描画するのに、すごい月日と、たくさんの人の助けと、知恵と、協力で実現することができたんです。
みんな、みんな、本当にありがとおぉぉぉぉぉおぉぉ~~~~~~~~(TT▽TT)ダァー ♡


その努力と皆様の愛の過程は、添付するレポートに盛り込んだつもりです。
レポートには明言できなかったけど、これができたのは自分ひとりの努力や能力だけではないのです。
それを、どうか、どうか、伝えたくて、こうして書いているのです。

ねーさん、師匠、先生、本当に、ほんとーに、ありがとうございました!!!

というわけで、添付したレポートから、ぼくの愛の記述を・・・・・・
・・・・・・・これで再提出になったら、ぼく、評価してくださった先生をグリコのコスプレさせて、薄氷をはった真冬の道頓堀に突き落としたいと思います。
それくらい、他愛のない画像ですけど、ほんの数行のコードにたくさんの人の愛が詰まったものを、提出しました。





課題2は、情報システム基礎Ⅱで学んだデータビジュアライズを反映したものを提出したいでっす!
算数もできないし、計算もできないけど、できないからこそ魅力に感じるプログラミングによる表現でビジュアライズしたいと思いますーーーヽ(=^・^=)ノ♡

---------------------------------

切手代 片道25円×往復分で50円也。

2 件のコメント :

  1. 色盲のテストみたいですね。
    1回目見た時はソースがUPされてましたけど、消えましたね。(^_^)
    丁寧に書かれていたようなので合格間違いなし!でしょ。
    さてさて、先生はアイを感じ取ってくれるでしょうか・・。

    返信削除
    返信
    1. 色盲のテスト!たしかに!!!
      応用したら色盲のテスト用の画像も作れそう!!!

      ソースコード復活しました。
      最初にあげたの、学籍番号やら名前がそのまんま載ってたので、消してUPしなおしました。
      ついね、うっかりうっかり。

      なんかコン基礎Ⅱの先生は、うわさでは実直1本!なかんじの先生みたいです。
      愛が伝わってくれることを祈るばかりです・・・添削、もりもり先生だったらよかったのになー・・・"p(-x-〃) イジイジ

      削除