2015年8月7日金曜日

念願の学食デビュー!!!

デザインⅠスクーリング前半初日。
今回は鷹の台。
ぼくの自宅からは4回も乗り換えて、電車だけで1時間かかる。
鷹の台の駅から歩くことを考えると、1時間半~2時間かかるので、けっこう通学が大変。

乗換えが4回もあるので、ちょっと乗換えのタイミングがあわないと、あっという間に20分くらいの時間をロスしてしまう。
そのロスを見込んで早めに家を出たら、乗換えがうまくいきすぎちゃって、予定より40分も早く鷹の台の駅についてしまった。

暑いには暑いけど、朝の8時はまだ散歩できるくらいの暑さ。
久しぶりの鷹の台なので、玉川上水をのんびり散歩しながら学校へ。

いやぁ、マイナスイオンたっぷりでんなぁ~(*´∇`*)
木漏れ日が気持ちいい!
自宅のまわりはマンションだらけ。
会社は都会のど真ん中。
そんなコンクリートジャングルに生活しているので、ちょっとした旅行気分である。


前回いつ見たか思い出せないくらい久しぶりに見た蝉の抜け殻。


見上げると鳥の巣箱。
こんなのあるんですね、ぜんぜん知りませんでした。
しばらく野鳥が来ないか待ってみましたが、残念ながらきませんでした。


エゴノキ。
これはエゴの木なのか、エゴノキの木なのか。
朝から謎に遭遇。


よく見ると実が成っていました。
連続猛暑日記録を更新していて、ふだんはまったく秋を感じることはないけれど、こんなところで秋の足音が実りはじめていました。

そして、大学に到着。
もちろん、ムサビにゃんこにご挨拶。


久しぶりに会ったムサビにゃんこは、連日の暑さのせいか、なんだか目つきが悪くなっている気が・・・・(゜-゜;)


では、本題。
まずはお決まりの前提講義。
教室に入ってきたのは自らを「おじーちゃん先生」と名乗る、この科目の課題を作ったボスみたいな先生と、アナログ担当の先生とデジタルの先生の3人。
おじーちゃん先生は前提講義と最終日の講評で登場。
実際の作業はアナログの先生とデジタルの先生にみてもらうことになる。
ぼくはデジタルを選択したので、ほとんどをデジタルの先生にみてもらうことになりそうな感じです。

受講者はざっと30人くらい。
この科目はデザインⅡとともに教職の科目でもあるそうです。
デジタルとアナログは不思議と半々くらい。

おじーちゃん先生のお話が「お後がよろしいようで・・・」となった後は、講師の先生の日程と課題の説明。
前半3日間でイベントを企画して企画書を提出、後半3日間で制作物の制作作業です。
先生方のお話の感じだと、なんだかこの授業ではどうもアナログの良さやアナログならではの発想が肝要っぽい。
先生がこんなことをおっしゃっていました。


この科目は「コミュニケーションデザイン」だ。
キレイなものやカッコイイもの、体裁が整っているものを求めているわけではない。
その媒体(印刷物)からコミュニケーションが生まれるものを期待している。



そんなことをおっしゃってました。
いつも体裁ばっかり気にしてるぼくにとっては、とてもハードルが高い。
でも、だからこそ、ここで「コミュニケーションするデザイン」を学ぶのは、きっと自分のためになるはず。

先週までのグラ基礎を筆頭に、これまで時間的にタイトでじっくり企画を詰めるということができなかったけど、今回は時間的な余裕もあるので、うにうにと考えるということを大切にしようと思いました。


あ、そうそう。
生まれてはぢめて学食を食べました。


こんなにチャーシュー入っててお値段380円!
ちなみにふつうのラーメンは250円!

学食・・・・・・神だっヽ(^◇^*)/

鷹の台は遠くて通うの大変だけど、明日は学食のカレーを食べるのを楽しみにがんばろうと思いました。

※先生の言葉は著作権法等を考慮してぼく語に翻訳コンニャクしております。

0 件のコメント :

コメントを投稿