2015年8月5日水曜日

おかーん。ずかーん。どかーん。

課題2は自分で作ったコピーと600文字程度の文章をIllustratorで組版です。
仕様は課題1と一緒。
方法がアナログかデジタルかの違いと、課題1はタイトルだけ自分で作れたのに対して、課題2は中身を全部自分で作ることができます。
自由な分、作業量が増えてちょっと大変。
まず、2日目には先生に組版の「案」をいくつか提示します。
バリエーションではありまへん。案です。

1日目、帰宅後に朦朧としながら案とバリエーションを作りました。
思いつくまま、テレビみながらポチポチ組み組み・・・・・・それなりに組版としてのルールを踏襲しながら、かつ本文の可読性とタイトルの表現方法を考え、本当に思いつくままに案を作りました。









最初の6案は2時間程度、最後の2案は3日目の朝の2~30分程度の作業です。
案なので、細かい文字組みとかしてなくて、本当に「案」です。

2日目の午後も、3日目の朝も、遠くから聞こえてくる先生と学生の会話で「それはバリエーションでしょ!案をたくさん作りなはれ~」ってなことが聞こえてきました。
ぼくの↑の画像の並びでみると、縦が案、横がバリエーションですね。
先生も言葉ではなく画像で説明してあげればいいのにな~・・・なんて思って聞いてました。

3日目の朝、↑複数の案を先生にチェックしてもらって、その中から2つをブラッシュアップすることになりました。
ひとつは「究極の女子力!おかん力!」のタイトルの表現を工夫、もう一つは辞書っぽい感じが出るように作ろうということになりました。

辞書っぽくってなったのは、2日目の夜、ふと布団の中で思ったのです。
オピニオン文章の内容から「この文章でいうところのおかんみたいな人って、昭和の頃にくらべて減ったよね」「都会のマンションだらけのとこなんかお隣さんさえ知らないほど人間関係が希薄で、こんなおかんみたいな人なんて絶滅寸前だよね」っていう発想になり、絶滅しそう→絶滅寸前→絶滅危惧種という連想をした結果、絶滅危惧人種図鑑っぽい組版をしよう!
で、翌朝やってみたら図(絵)がない組版ではどうにも図鑑っぽくならない。
先生とも相談して、アイディアはとってもいいとのことなので、図鑑でダメなら文字だらけの辞書みたいなテイストにしようということになったんでございます。
そんな経緯があって、辞書の方は、3日目(最終日)のみにやるには、下調べや資料が足りなくて、ネットの検索でわかる限りの情報を元に組版しました。
どっちの案ももっと作りこみしたかったけど、あの短時間で2つを完全に仕上げるのなんて、ムリムリ( ̄- ̄) 。
というわけで、どちらもなんか中途半端な出来になりました。

そうしてできた2案がこれ。



さて、先生方との最終チェックでどっちを提出しようかということになりまして。
うーん・・・・・完成度は女子力だけど、面白さは辞書だよねー
評価はすんごくいいか全然ダメダメか、イチかバチかの賭けになると思うけど、辞書案は捨てがたいよねー
あと1日あればよかったのにね・・・・・ってか、辞書にする?する?するぅ~?
ってな感じで、まさに制作途中でこれからブラッシュアップという感が満載の辞書案を提出することになりました。

しらーおティーチャーとは、講評前にお話する機会がありました。
で、辞書っぽい印象の組版にするにはどうしたらいいのか聞いてみました。
そしたら、こんなことをおっしゃっていました。

辞書っぽくしたいなら、辞書をとことん観察して、辞書として欠かせないエッセンスと、辞書の中でもここが出したいというポイントをいかにして抽出できるかがキモだよね~
辞書っぽくしたいからといって辞書そっくりの組版をしても、なぜその辞書がそういう組版になっているかがわからないと、辞書らしさが出ないんだよね~
でも、そっくりに作ればいいってもんでもなくて、抽出したエッセンスをどう見せるのかが組版デザインのキモだし、面白いとこだよね~
ほんでもって、これは、そのキモをやる準備段階でおわっちゃってるよねぇ~・・・ざんねーん

うおおぉぉぉぉおぉぉ~~~~~~~(T-T )( T-T)目からウロコ~
自分が中途半端感満載すぎて消化不良な原因と、自分にたりないことが、すごくよくわかりました。

うん、ぼく、学んでる!!!!!ヽ( ´¬`)ノ

さて、どんな評価が付くんでしょう?
講評のみに登場のしらーおティーチャーはアイディアをどこまで評価してくれるんだろうか?
少なくとも組版だけみたら完成していないわけで、もしこれが通信課題だったら再提出はまぬがれない仕上がり方である。

でも、考えてみたら、スク前半って、天声人語とMyOpinion、両方合わせての評価なんですよねぇ。
どっちに何点とか、きっとわからないんだろうなぁ・・・・・でも、まぁ、提出したから、これで前半分1単位GETでございます。

さて、次はダイアグラム。
これねぇ・・・・・ほんっとに消化不良というか、もう、腸(はらわた)もにょもにょしっぱなしで終わったんでございますよ。
あぁ・・・やり直せるなら根本的な発想から全部やりなおしたひぃぃぃぃぃ |(-ι_- )))


※先生の言葉は著作権法等を考慮してぼく語に翻訳コンニャクしております。

0 件のコメント :

コメントを投稿