2015年8月12日水曜日

おじーちゃんせんせぇぇぇぇぇぇ♡

デザインⅠスクーリング前半最終日。
12時45分に企画書+ラフスケッチを提出して、午後は講評。
この講評までの間の時間で、アナログ先生とデジタル先生が全部の企画書に目を通します。
なので、午後の授業のはじまりは14時半からで、ずいぶん長いお昼休みになりました。

長いお昼休みを利用して、スク後半でDMを作ることになることを想定して、世界堂に印刷・出力の相談や、どんな紙なら在庫があるのかなどの相談をしにいってきました。
世界堂、白トナー出力できるんですね~(ノ゜ω゜)ノ素晴らしい~!!!
課題以外でも白印刷したいときは世界堂で出力しようと思ったでございます。

そして、午後の講評。
何人か自分の企画書をプレゼンして、アナログ先生とデジタル先生の講評です。
この中間講評にはボスのおじーちゃん先生はいらっしゃいませんでした。
どうも後半の最終日にいらっしゃるみたいでございます。

先生方の自己紹介的なものがありました。
アナログの先生は昔資生堂の広報物を作ったりしてたみたいです。
ぼくが女子高生だった頃とかに目にしてたものは、たぶんアナログ先生の作品だったと思う・・・・ってか、すごい見覚えがあるものでした。
コンペとかで賞とったり、ディレクションとかもして、出世街道を驀進してたのに、ある日「ぼく、これ向いてないかもー」って思ったそうで、今は木を使った家具や立体アートを作ったりしてるみたいです。
アナログ先生の作品をいくつかスライドで見せていただいたが、けっこう面白い。
ってか、けっこう好きですー・・・・・・・・・(* ・・*)ぽ。
一度ナマで作品を見てみたいなーと思ったですよ。

デジタル先生はTAさんをされてた経験がある先生だそうです。
どうりで、学生の心理がわかる指導をしてくださる方だと思いました。
デザインⅠはパソコンで企画書作る教室にTAさんはいまへん。
で、先生がTAさんっぽいこともしてたんですけど、理由がわかりました。
先生側と学生側がわかるっていうのは、ある意味最強の先生なのかもかもっ!!!

先生のお話で面白かったこと。

「平面ができれば立体もできる。」
「センスは覚えられないけど、デザインは技術だから、覚えられる。」

あー、なるほどなーと思ったです。

最後に、後半に作成するポスターやチラシを作るヒントを先生自作のスライドを見ながら解説してくださいました。
このスライドが面白くて・・・・・・(='m') ウププ←絶賛思い出し笑い中~

アナログ先生とデジタル先生の、おじーちゃん先生を愛する気持ちがひしひしと伝わってくるスライドでした。
このスライドを見た人は、きっとふつうの精神状態でキットカットを変えなくなる・・・・はず(*≧m≦*)ププッ♪
もう、アナログ先生も、デジタル先生も、おじーちゃん先生も、大好きです~~~~~(〃∇〃) ♪

講評後はアナログの教室とデジタルの教室それぞれの教室に戻るもよし、そのまま帰ってもよしでした。
ですが、後半の制作物の準備もあるので、ラフスケッチから制作物の方針のOKを先生にもらうために、教室に帰りました。

で、先生に相談したら、ちょっと企画書作ってるときと「話がちが~~~~う(`×´) プンスカ!プンスカ!!」ってなことになり、休み中にあらたな制作物案を作りつつ、世界堂にない紙の調達など、材料の調達もしなくちゃならなくなってしまいました。


というわけで、後半も大変そうだけど、楽しくなりそうでございます。
後半もご一緒の皆様、どうぞよろしくお願いしまーすヽ( ´¬`)ノ♡

0 件のコメント :

コメントを投稿