2015年5月9日土曜日

なう!な話題な「憲法」合格なう!

憲法 通信課題1、合格ですたーヽ( ´¬`)ノ
・・・・・・・・ってか、WEBキャンパスが新しくなって、催促おねーさんも、合格したときの芽が出るのもなくなっちゃって、なんだか感動が薄いというか、なんか寂しい・・・・・(´・ω・`)

というわけで講評。

先生の講評、面白い!
ぼくは石に泳ぐ魚事件メインで書いたけど、ぼくがとりあげた論点についての先生の考え方や、その論点の何が重要であるかをわかりやすく説明してくださってます。

ぼくは「表現の自由」については課題2にたくさん盛り込んでいこうと思ってたんですけど、講評では「もうちょっと表現の自由について、自由の意義について、復習とか再確認とかしてね」って書いてありますた。
とりあげる論点減らしてでも、もうちょっとこっち書けばよかったかな~。。。

講評でココロに残ったのがこんなお話でございます。

憲法の教科書に良く出てくる例えに、こんなんがあるですよ。
“土手にわずかな穴が開くとそこから水が一気に外に出ようとし、土手が決壊する”
人権保障に関しても、一歩譲ってしまえば国家はそれをきっかけに保障のラインを一気に崩してくるですよ。

今、日本の政治は憲法改正にむかって動いてるです。
そんな今だからこそ“土手にわずかな穴が開くとそこから水が一気に外に出ようとし、土手が決壊する”ということは、人権保障にしても平和主義にしても、今、憲法改正したら、その結果、穴からどんな水(問題)が出て、何が決壊するのか、日本国民は考えるべき時なんだと思うです。

というわけで、次は通信課題2。
こちらは自分の意見を述べるので、ガツガツ思うがままに書きまくりたいと思うでございますよっヽ( ´¬`)ノ♪

※先生の添削は著作権法等を考慮してぼく語に翻訳コンニャクしております。

0 件のコメント :

コメントを投稿