2015年5月9日土曜日

グレースケールでグレてやるーぅ!

色彩学 通信課題1提出っヽ(ΦωΦ*)ノ
・・・・・ってか、ゴールデンウィークでこれしかできんかった・・・
やばい。
まぢやばい。
ちょーやばい。

課題1の内容はこんな感じ。

・灰色5番(後に作るグレースケールの真ん中の灰色)を最初に最低5個つくる
・どれが一番真ん中に灰色に見えるか意見を聞き、頻度図を作る
・見た目に等間隔なグレースケール(9段階)を作る
・意見の調査についてと、学習指導書記載指示事項(4つの表色系について書く)、感想や学んだことをレポートにまとめる。

こんなの1日あればできると思ったのが間違いだったですよ。
先にこの課題をされた方を参考にすればあっという間に楽勝♪とか思ったのが間違いですた。
レポート、とくに表色系の説明なんか教科書見ればチョチョイのチョイと思ってものの、自分の言葉で書こうとしたら大変で、けっこう参考書籍をあたったりいろいろして、結局1日半かかりますた。
時間かかったけど、ぼくの脳みそには難しいのはやっぱりわからなくて、そこは教科書写したりしてごまかしますた・・・だって、難しかったのようぅぅぅ(=;ェ;=)

グレースケール作るのにもけっこう時間かかりますた。
2~3時間でできると思ってたらまる1日かかってしまいますた。

まず、準備。
相変わらずぼくはトンボを印刷した紙を、塗りやすい大きさにカットして塗る作業をしますた。
これは造形基礎Ⅲで鍛えられますた。
あのときは苦労したなぁ・・・


白と黒しか使わないから楽勝じゃーん♪なんて思ってたら大間違い。
ぼくはポスターカラーでやったけど、ポスターカラーが乾く前と後で色が変わったり、並べてみると以外と色が似通ってしまってたり、なかなか“見た目に等間隔”にならなくて、大変ですた。
ちなみに使ったポスターカラーは100均のやつなので、高いちゃんとしたのならこんなに苦労しないかもでございますよ(*´ο`*)=3


グレースケールを作る参考にしたのはPCCSカラーチャートの無彩色のとこ。
チャートは光沢だけどポスターカラーはマットだし、色みもチャートのほうがなぜか黄色みがかって見えたりしつつも、濃度差だけを参考にするには充分ですた。



ちなみにこれ、グラフィックデザイン基礎Ⅰを履修したら教材に入ってたやつでございますよ。
使えるものは有効活用っヽ( ´¬`)ノ

作ったグレースケールは「レポートの余白部分」に貼るですよ。
で、最後に三つ折になることをまったく考えずに等間隔に並べて作ったら三つ折で悲劇が・・・


こうならないように、折り位置考えてグレースケールは配置しませう・・・反省。

レポートが自信ない。
すぅんごく自信ない。
なんか難しくてわかんないとことかムリヤリ書いちゃったし・・・ま、なんとかなるっしょ!←根拠のない自信( ̄^ ̄) エッヘン!

0 件のコメント :

コメントを投稿