2015年4月30日木曜日

同じ材料で視点を変えて書く。

著作権法 通信課題1 提出~ヽ(*⌒∇⌒*)ノ

憲法から約1週間での提出となりますた。
途中、鼻汁ずびずばー( ̄TT ̄)になったりして、思ったより時間くってしまいますた。

選んだテーマは「名誉毀損とプライバシーの権利」について。
これは憲法と限りなく同じ。

憲法は憲法の視点のみからレポートを書いたので「プライバシーの権利(判例に基づく憲法上の権利)」のみを扱ったんですけど、今回は著作権法、つまり法律の科目なので、民法の名誉毀損も登場させますた。
プライバシー権のみに視点を絞ると、どうしても憲法のレポートになってしまうのでございますよ。

憲法では「石に泳ぐ魚」事件をメインに扱いましたが、著作権法では民法の不法行為としてのプライバシー侵害を扱った判例「宴のあと」事件についても書きますた。
そして、民法709条・710条の不法行為と723条の名誉毀損における原状回復に主眼を置きますた。

民法の解釈や引用には、やっぱりコンメンタールが大活躍!
憲法も著作権法も、どちらの教科書にも推奨書籍なり参考書籍にコンメンタールがないのは、どうにも納得いかない・・・

『コンメなくして法学の道なし。』

これ、ぼくの持論でございます。

民法は数冊に分かれてるです。
不法行為、名誉毀損、プライバシー侵害あたりの権利は 債権各論―平成16年民法現代語化 (2) (別冊法学セミナー―基本法コンメンタール (No.187)) に記載されてるです。





ちなみに図書館では禁退出本で借りて帰ることができなくて、大量コピーしますた。

あと、憲法もですが、図書館で利用できるD1-Law.com 第一法規法情報総合データベースを利用しますた。
判決全文や関連法、関連判例などのデータを見ることができるです。
ただし、デジタルデータとして持ち出せないため、必要なところはすべて1枚10円でプリントアウトしないといけまへん。

コンメのコピーや判決当時の新聞記事のコピーと合わせて、けっこうな量になりますた。


ざっと3000円分くらいはコピーしたかな・・・ずいぶん図書館の収入に貢献してしまいますた。

憲法も著作権法も、とりあえず課題1の添削をみてから課題2をやろうと思うですよ。
全部書いてしまってやりなおすのはメンドクサイのだ( ̄(∞) ̄) ブヒブヒ。
早く添削帰ってこないかな~♪

----------------------

以下、参考文献と参考にしたサイト・データベース。
斜文字は憲法と同じ)

・ D1-Law.com 第一法規法情報総合データベース
https://www.d1-law.com/
※会員にならなくても、ぼくの地元の図書館では閲覧と印刷ができますた!

・ 憲法 (別冊法学セミナー―基本法コンメンタール)

・ 憲法判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 217)

・ 裁判所 裁判例情報
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/search1


・ 債権各論―平成16年民法現代語化 (2) (別冊法学セミナー―基本法コンメンタール (No.187))

・ 表現の自由とプライバシー―憲法・民法・訴訟実務の総合的研究

・ 朝日新聞 全国版 2002年9月25日(朝刊) 1面

0 件のコメント :

コメントを投稿