2014年12月14日日曜日

食パンは焦げパンとなりますた。

造形基礎Ⅱスクーリング2日目。

2日目はとにかく黒く、焦げた感を出すようにとの先生からのご指導からはじまりますた。
とにかく紙の白が見えないようになるまで塗りつぶせとの指導だったので、ひたすら塗りつぶす。
塗りつぶす!塗りつぶす!塗りつぶすぶすぶすぶすっ!!!

はぢめはシャカシャカ塗りつぶしていたけど、画用紙のボコっとした凹みのところが、刷り込んでも刷り込んでもなかなか潰れずに白が残ってしまう。
なので、筆圧マックスでひたすらグリグリぬりまくったですよ。

快調にグリグリ塗りつぶしてたら、午後16時くらいからは腕も腱鞘炎かと思うほど力が入らなくなってきますた。
もう食パンは焦げ焦げの黒光りする何かの物体となりますた。
2日目は力尽きて、そのまま終了。

家に帰ってからどんどん腕と肩が痛くなりますた。
お風呂でほぐしてもちっともよくならないので、サロンパス貼って寝ますた。

本日の教訓:デッサンの必需品3種の神器

【目薬!睡眠!サロンパス!!!】

うむ。なかなかゴロもよろしいな♪


というわけで、続けて3日目最終日。
朝起きたら寝る前よりは腕に力が入るようになっていますた。
うむ、サロンパスって効くもんだすな~

そうそう。
初日と最終日、スクに行く人(お友達って言っても、いいのかなぁ・・・(///∇//)照)と一緒に登校しますた♪
なんだかんだとオシャベリしながらの通学はあっという間で楽しかった~
登下校はじめ休み時間とかお昼ゴハンのときとか、いっぱいおしゃべりしてくれたみなさん、ありがとうございましたーヽ(=´▽`=)ノ


そして、3日目は15時まで制作作業。
そろそろ木目の模様をつけようと思って、グリグリにまっ黒のところに練けしをあてても・・・き、消えなひぃぃぃっ(||゜Д゜)
ふつうの消しゴムでグリグリしても、ぜんっぜん消えなひぃぃぃぃぃぃぃっ(゜Д゜||)

というわけで、まっ黒に黒光りしてる上から、2Hとかの固い鉛筆でグリグリと筋を描いていきますた。
あんまりにもグリグリしてたら、重ねた画用紙の下の画用紙にまで筆圧でグリグリ跡がついちゃったですよ。
途中、先生が他の学生さんにこんなアドバイスをしているのが耳に入ってきたですよ。

「全面を真っ黒にして紙の目潰しちゃうと、白を生かしたところが描けなくなるよ」

・・・・・・・・・・・・・がーん・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)

というわけで、もう全面を真っ黒のにして紙の目はほぼ潰れていたので、白を出すのは絶望的。
ここからは誰よりも黒い焦げパンを目指して、ひたすらグリグリしますた。

そしてできたのがこれ!!!


写真だとちゃんと木目の柄が見えるんだす。
理由はね、2Hとかでグリグリしたところが、紙が凹んだりしてて、紙の凹凸と黒光りしたてるところが浮いてうつるからなんだすよ。
写真に収めると肉眼で見えない木目が見えるのが不思議で、カメラに詳しい人に聞いたら、鉛筆は鉛だから、光をよく反射して、カメラレンズはだいたい反射した光を強めに感知するらしいだす。
だから、遠目から光の反射をレンズで感知できない距離まで離れると、ほぉ~ら、まっ黒黒の焦げパン!!!


うむ。肉眼で見えないものが映るとは、写真も奥が深いのうぅ~
ちなみに、他の人の作品はこの距離でもちゃんと木目が見えてましたー
ぼくだけ焦げパン(笑)

といわけで、講評。
みんな何コースに進むの?とか先生に聞かれてる中で、ぼくは完全スルーされますた。
先生は絵画の先生みたいで、とりあえず焦げパン描く人にはあまり興味がないようでございまた。
絵画志望ぢゃなくても、スぺデの人とかでもちょー上手い人とかは、すっごい細やかな講評だったり、その人の絵画の資質みたいなこととかまでお話されてたので、ぼくはよほど興味の対象外だったのだすな。

でも、誰よりもまっ黒い光る焦げパンが描けたので、ぼくは満足だすー

ぼくのクラスには超絶上手い人が3人いて、一人は講評のときいなくなっちゃったので、残り2人の超絶上手い人のうち、片方の超絶上手い人は参作になってませんでした。
選ばれなかった超絶上手い人、きっと「なんで?え?」って思ってたんぢゃないかな・・・
技術力とか先生も制作中からほめてて、すごく高度なことをアドバイスされてたし、2日目から展示された過去の参作より上手かったんだすよ。
何よりも、木炭が近くで見ても遠くで見ても超リアルで、重厚感があって、背景まで含めて、紙面全体が細やかな配慮がされていて、絵として飾っておきたいくらいの画面全体の完成度が高かったんだす!
なので、その方のが参作にならなくて、ぼくはすぅんごく驚きましたですよ。
なんか、参作って上手だからなるものでもないんですなぁ・・・って、何だったかのスクで思ったことと同じことを、造形基礎Ⅱでもまた思ったです。

そんなこんなでスクは終わったので、あとは通信課題。
帰りに通信課題の話を聞いたら、先にやった人が「制作時間45時間なんて、不可能だよ!100時間くらいかかるよ!」みたいなことを言ってたので、今から挫折感満載でございますよ。

・・・やっぱ世界堂アートスクールに泣きつこうかな・・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・

4 件のコメント :

  1. お疲れ様でした!
    通信課題100時間?!
    1日中それだけやって、10日~2週間か・・・
    私も家の近くのデッサン教室探しているなう

    返信削除
    返信
    1. 造形基礎2スクで自力で通信課題やるのは無理だということを悟りましたですよ。
      あと、時間的にもこれは造形基礎4と合わせて継続履修になりそうでなう(_πдπ)

      削除
  2. 本当にデジカメのアップだとイイ感じで出来上がってますね。離れると真っ黒なんですねー。でも、この1回のスクでデッサンというものがよく理解できたのではないでしょうか。
    次の課題は手と自画像ですか。私の場合は両方で100時間はかかってないですが、手を掛けようと思えばいくらでも出来ますのでキリが無いですよね。デッサンは1枚描くと驚く程上達するので、どれだけ枚数を描くかが勝負?本当ならデッサンやクロッキーはずーっと続けないといけないのですが、なかなか難しいですね。
    時間がかかり地味で大変ですが必修ですから頑張ってくださいねー。

    返信削除
    返信
    1. ふぉぉぉぉぉぉ~ 毎日デッサンとかぜったいムリですぅぅぅぅぅ(_πдπ)
      今回のスクーリングで、デッサンがどれほど気力と体力を使うものかがわかりますた。
      鑑賞するときの見方がこれまでとは変わるなって思ったですよ。

      あぁ、アップのデジカメ写真の状態になるように描けたら、デッサンも楽しいんだろうなぁ・・・ぼくにとってデッサンは、やっぱり苦痛以外の何物でもなかったですよ。
      通信課題、がんばりますですだすーーーーーヽ(ΦωΦ*)ノ

      削除