2014年11月27日木曜日

「尻」「尻」「尻」の3段攻撃っ(ヘ`∀´)/鹵'・:*;'・:*'

グラフィックデザイン基礎Ⅰ課題2、再提出のができますた。

(ΦωΦ)フフフ…わたくし、けっこう性格がゆがんでおりましてですね。
納得いかんもんは納得いかないし、嫌いなもんは嫌いなんでございますよ。

以下、赤字部分は前回の先生の添削によるコメント(※著作権法等の関係でぼく語に翻訳済だす)をまじえながらご報告でございます。

「全てのフラミンゴに共通した特徴ですか?」

学習指導書に、動物の種類(たとえば、今回はフラミンゴを描いていないので、トラで考えた場合のアムールトラとスマトラトラとホワイトタイガーとベンガルトラとか)はどれかひとつでいいって書いてあるぢゃないですか。
この添削の通りであれば、アムールトラとスマトラトラとホワイトタイガーとベンガルトラとなんとかトラと、全てのトラに共通するものだけを描けってことでぢゃないですか。
なので、今回はあらゆるトラの画像をネットで探しまくりましたですよ。
で、その“平均”を見て描いたですよ。
さらに、特徴を描けということなので、「平均の特徴」を描いたですよ。

まず、バナーにまで使うことを考慮して、バックショットを描いたですよ。


デフォルメできるところまでがんばってデフォルメしたです。
色も模様も排除です。
でも、個体のサイズもわからず、第三者がどういうふうに見えるかわかんないので、SNSを駆使して、単純にこれだけで何の動物に見えるかを聞いてみますた。
(ご協力くださった方、本当にありがとうございますた!)

そして、たくさんの答えや、絵画系(ファイン系)で描くということを訓練されている諸先輩方のご意見などを反映して、柄を精査し、線や塗りのIllustrator上の処理をしてできたのが、こちら。



画力がないなりに、がんばってみますた。

何トラだか知らんけど、トラってなんとなくこんな柄ぢゃね?とか。
何キリンだか知らんけど、キリンってなんとなくこんな柄ぢゃね?とか。
何しまうまだか知らんけど、しまうまってなんとなくこんな柄ぢゃね?とか。
そんな感じで柄を描きますた。

ここから、規定の真四角にフレーミングしてシンボル化(図A)を作成。

「着目した部分をトリミングしたらいいんぢゃね?」

との添削があったので、着目した「ケツ」部分のみをアップでトリミングしますた。


当然、個体差なんて考えてまへん。
だって、注目した「ケツ」のみをシンボルとしますた。
ってことは、個体のサイズの差とか、関係ないはず。
尻がすべてでございますですよ。

「誰にでもわかることが大事だよ」

ということなので、とーちゃん・かーちゃん・姪(小学生2名)・宅急便のおにーさん、お菓子屋のおじさん、コンビニの店員さん(外人さんで年齢不詳)などなど・・・・老若男女国籍問わず、シンボルを見てもらって「これは何の動物に見えるか?」と聞いたところ、全員が「トラ」「キリン」「しまうま」って答えたので、このシンボルでまた「誰にでもわからないよね?」とか言われたら、たぶん、ぼく、脳みそ噴火して暴れると思うですよ。
ただし、もともと絵が描けない、画力が著しく乏しいので、画力の部分を添削されるのは仕方ない。
画力だけはどうにもならんのだー。


というわけで、シンボル化はここいらで打ち止め。
どうせぼくがこだわったところで、こだわった部分なんて気付いてももらえないのだ。

ってか、再提出になっても、「尻」3連発がしたかったんだす。
添削を通して見えてくる、先生が求めるムサビズムデザインが、ぼくの趣味思考とものすごく相反するんだすよ。
ぼくはゴッテゴテでグッチャグチャの混沌として絢爛豪華でカオスな中にモチーフが浮かび上がるようなデザインが好きなんだすよ。
だから、無印良品みたいなデザインって、正直、好きぢゃないんでございますよ。
(※但し、レトルトのカレー美味さは別!大好物だすーヽ(=´▽`=)ノ)

そもそも、シンプルって言葉があまり好きぢゃないんだすよ。
シンプルな生活とか、つまんないぢゃないだすか。
どこかに遊びがあって、どこかで無駄なことして、どこかに「ふおぉぉぉおぉぉぉ~~~~~~♡」ってなるもんがある。
人生なんて無駄の中から学んで、学んだことからまた無駄が生まれて、生まれた新しい無駄が新しい自分を連れてきてくれる。
そういうもんだと思ってるですよ。

無駄って、そんなに無駄ですか?
無駄って、楽しくないですか?

ぼくは無駄が大好きです。
必要な無駄、楽しい無駄、はむさむにだ。
んだんだ。

よくわかんなくなってきましたが、ムサビズムが無駄を無駄としかとらえないのであれば、そんなムサビズムに、ぼくは「お尻ペンペン」したいと思うのでございますよ。ぺんぺんぺん!!!

0 件のコメント :

コメントを投稿