2014年10月19日日曜日

はぢめて試験を受けてきますた!

今日、横浜会場で、はぢめての科目試験を受けてきますた!
試験ですが、経済学を受けました。
2単位なので、分量も少なく、課題も試験も全体の中ではラクなものという前評判を見て履修した科目です。

ちなみに1年は、勉強の勝手もわからなかったので、試験のある文化科目は、課題も試験もラクという評判を目にした「経済学」と「演劇空間論」しか履修していません。
今日お会いした方の中には3科目試験を受けられた方もいて、自分も来年は頑張ろうと思ったですよ。

事前の試験対策は、1週間くらい前から、シラバスや学習指導書に「アートマネジメントか地域振興に関するところから出題」みたいなことが書いてあったので、教科書から該当箇所を抜き出し、要点をまとめ、用語や定義を暗記しますた。

・・・・・そんだけです。はい。

でも、用語はともかく定義や理論はまったく脳みそに入りませんですた。
穴埋め式にしても、クイズ形式にしても、何度読み直しても、まったく口からスラスラと解説できるレベルには覚えられませんですた。

もうね、歳が歳なんでね、脳みそも老化してるんだすよ。

そんなこんなで当日。
道すがら、会場の建物前でセンパイが声をかけて下さいました。
横浜での試験だったんですけど、会場の建物(病院)を前に、ぼくは正面から入る気まんまんでいたら、センパイが
「ここ、裏手から入るんですよー」
って道案内してくださいますた!
もしセンパイに会ってなかったら、ぼくは入り口がわからなくて、周辺をグルグル回って会場に辿りつけずに終ったか、エントランスのガラスドアをぶち壊して中に侵入していたことでしょう。

センパイ、助かりました!
本当にありがとうございました(^人^)


問題は「芸術のマネージメント」と「地域振興のナントカカントカ(覚えてまへんです・・・あは。)」の成功例と失敗例を述べよみたいな感じですた。

はっきり言って、事前に試験勉強した内容は、まったくもって不要で無駄になりますた。
ぼくの1週間、返してぇぇぇぇぇぇ(=;ェ;=)

成功例も失敗例も調べていなかったので、過去に自分が体験したことをベースにダラダラ書きました。
若干、話し盛りますたv( ̄ー ̄)v
ぜんぜん文化経済学について書いた気がいたしまへん。
ま、ダメだったらまた次回受ければいいさ・・・・・あは。

0 件のコメント :

コメントを投稿