2014年9月5日金曜日

ほとんど事例のレポートを書いてみた

経済学 通信課題2「文化活動による地域経済の振興を考える」。
課題1でもっと事例を盛りこんだりするといいよね?みたいなことが講評にあったので、今回は半分以上を事例を盛り込んだ内容にしました。

課題1の提出から評価が出るまでほぼほぼ1ヶ月あったので、その間に課題2のレポート草稿は書いてある。
が、草稿には若干の事例は出してはあるが、事例がメインとはいえない。
なので、今回は事例がメインのレポートに内容を書きかえてみたですよ。

タイトルは「地域経済を活性化するような文化活動はいかにあるべきかの考察」。
うん。長い(-_-)

本文の事例には、地元の祭りを題材に。
祭りがどのように運営されているかを文化経済の視点から比較。
文化システムの構成要素やアート・マネージメントの要素のどの部分が祭りの運営のどこにあたるのか。
そういったことをひとつづつ検証していき、最後に簡単な考察を書いたですよ。

考察。

地域の伝統文化行事を行なう文化活動として祭を例に見たが、文化システムの構成要素およびアーツ・マネジメントの概念的要素の面からみて山王祭独自のものはなく、一般的な文化経済のセオリーに法って祭りが運営されていることがわかる。
これらのことから、地域経済を活性化するような文化活動とは、個人と地域社会がともに参加し、文化システムの構成要素およびアーツ・マネジメントの概念的要素がひとつも欠けることのない運営による活動であると考えるに至った。


・・・なんか言葉遊びみたいな文章になってしまった。
結局、地域経済を活性化する文化活動も、日本経済を活性化させる文化活動も、世界経済を活性化させる文化活動も、規模が違うだけで、必要な要素(役割)は同じだと思うのだ。
規模が大きくなれば「規模が大きいがために必要なこと」は出てくるだろうけれど、文化活動として成り立つために必要な要素に限れば、どんな文化活動も同じだと思うのだ。
さらに、振興させるには、衰退させないことがまず第一で、衰退の原因は活動に必要な要素が欠けてるからで、活動に必要な要素が満たされていれば、自然とその活動は振興していくものだと思うのだ。

さて。ぼくの考えは先生に通じるのだろうか?


後日。
なんと、提出してから気が付いた。
参考文献しかないのに、「参考文献・参考サイト」としてしまったのだ( ̄□||||カガ゙ガーン!
慌てて提出しなきゃよかったと激しく後悔・・・

10月の科目試験の申込期間が9/30~10/6で、逆算して考えると、すでにレポート提出から1ヶ月以上経過でレポート合格扱いでの試験申し込みが不可能。
添削はほぼ課題1がほぼ1ヶ月かかったので、なんとかして間に合うようにと課題2は急いで急いで提出しますた。
あわてて提出してみたものの、考えてみたら事務局は9/10まで夏休み。
ぼくがWEB提出したのも受理は9/11以降に・・・・ってか、急いだ意味ないぢゃーん!!!

むぅ・・・どうせ9/11受付ぢゃ10月の試験に間に合わないんだから、もっとゆっくり、何度も見直してから提出すればよかっただすよ・・・(´_`。)グスン

-------------------

参考文献
文化の消費者』アルビン・トフラー著 1997年 株式会社勁草書房
文化政策学―法・経済・マネジメント』後藤和子編 2001年 株式会社有斐閣

4 件のコメント :

  1. ふむ〜、これからはsizuさんではなく、sazaeさんって呼ばせてもらおうかな〜(^^);

    ところで、科目試験ですが、課題の提出は1か月待てば次の課題を出せますが、試験の場合も1か月でしたっけ? 期限ギリギリまでの提出でよかったような・・・??
    因みに私も、映像文化論の課題4を10月1日に提出してしまいました。10日も受付が延びる・・・・。10月の試験を受ける予定ですが。もう一度確認してみます。

    返信削除
    返信
    1. コージセンパイ、ぼくがサザエさんになっても金貨は出てこないだすよ(笑)
      ネタ元記事→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140906-00000020-mai-soci

      そんなわけで、確認してみますた。

      ムサビ通信のホームページにこんな記述がりますた。
      http://cc.musabi.ac.jp/campus/examination
      「最終レポート提出期限までに最終レポート(不合格となった課題の再提出レポートも含む)が受理されており、合格または添削中であり、申込期間内に受験手続きを完了した場合、科目試験を受験することができます」

      10月試験の最終レポート提出期限は9月30日。
      9月30日までに合格"または添削中"であれば、科目試験を受験できるんですね。

      ぼくは9月30日までに合格、または「9月30日の1ヶ月前までに提出」と脳内変換してしまっていたようです。
      さらに9月の試験が第一日曜日なので、10月も第一日曜日と思い込んでました・・・あやうく違う日に試験会場にいくところだったですー(;^ω^)

      つまり、今回の場合は9月30日までに提出すればよかったんですね・・・ははは。
      勝手に慌ててしまいますた。

      混乱させてしまって、すみませんでした・・・m(_ _;)m

      削除
  2. >映像文化論の課題4を10月1日に提出してしまいました
    訂正→映像文化論の課題4を9月1日に提出してしまいました

    試験大丈夫でよかったですね。
    私は試験どころか、地方スクの会場を間違ったことがあります。大阪でのスクは1年の時は学生会館だったので、今年も同じだと思い込んで行ったら、改築するとのことで別会場に・・・。あわてて会館の人にタクシーを呼んでもらってなんとか少しの遅刻で間に合いました。受講ハガキの会場をしっかりと見てなかったのです・・・。(T-T) 以後通知はしっかりと見るようにしていますが、いい加減な性格はなかなか治らないものです・・(^_^;)

    返信削除
    返信
    1. コージセンパイ、会場間違えたことあるんですかっ(゜゜;)
      そういえば、先月うけた情報システム基礎1のスクのとき、TAさんが吉祥寺なのに間違えて新宿行ってしまって遅刻されてました。
      TAさんでも会場間違えるんですねー(笑)
      ぼくもテキトーな性格なので、期限とか場所とか諸々気をつけたいと思いまっす(`・ω・´)ゞ

      削除