2014年9月25日木曜日

コースターは飲み物が美味しそうに見えなくちゃ♪

バナーとコースターのデザイン。
どちらも3つで1セット。

バナーとコースターは同一園内で使うので、動物・文字・色の扱いを同じにしてデザインの統一性を計ること

という課題条件をふまえた上でデザインしていく。

シンボルを「躍動感」をテーマに作成したので、デザインも「飛び出せ!動物ヽ(ΦωΦ*)ノ」みたいな躍動感をイメージして作ってみますた。

アザラシ君とフラミンゴちゃんとゴリラ君に共通する躍動感。
舞台やコンサートなどでカリスマな人のダンスや歌って、その人の後ろにオーラが見える(気がする)。
そんなあふれ出るオーラをモチーフにデザインしたですよ。



この背景デザインがいいのかわるいのかは評価が出てみないことにはわからない。
けど、ぼくなりに「動物園にいくとナマでこんな迫力があって躍動感のある動物が見れるんだよ」ってなメッセージを込めてみたつもりである。

問題は色。
学習指導書には「有彩色2色+白と黒」程度とある。
程度ってことは、もう1色くらい色つかってもいいのか?
それとも、使わないにこしたことはないのか?
そんなことを考えて色と色配分のバリエーションを展開していったですよ。
いろんなバリエーションを試した中で、最後まで残ったのがこの2デザイン。


≪A:黒を使ったデザイン≫




≪B:黒を使わないデザイン≫




※黒のボードに貼るのでアートボード(背景)をあえて黒にしています


バナーは画面で見ていると小さいが、実寸は300mm×1075mm(30センチ×1メートル強)だ。
パネルに貼られた縮小サイズのバナーと実寸のバナー、同じ感覚で見てしまってはよろしくない。
ってか、見た目全然変わりますやん( ・`ω・´)

この実寸、ちょっとしたポスター(幅はないけど)や、園内を彩るのぼり旗に使われることが想定されると思っただすよ。
例えばのぼり旗だとして、園内随所にこの3つのデザインの旗がそこかしこではためいている状態を想像してみる。
そうしたとき、Aだと園内の彩るどころか黒々したものがうごめいて、とってもウザい状態になるように思えるのだ。
Bであれば動物と文字はAに比べて目立たないが、園内通路にズラーっと旗が並んだとしても動物園に楽しい雰囲気を演出できると思えるのだ。

しかーし!
これが駅の掲示板に1枚だけ貼ってあるポスターだとしたら、黒の認視度はとても高く目立つ。
よって、アイキャッチ的にもAのほうがいいと思う。

さて、AとB、どっちがいいのか悪いのか・・・・(。-`ω´-)ンー

コースターは直径95mmの実寸でデザイン。
コースターを使う場面を想像すると、コースターには動物園にきた記念品として持ち帰る(かもしれないものだって学習指導書に書いてある)ほか、実際にグラスを乗せて使うことももちろんあるはずである。
コースターの上にコーラやオレンジジュース、ソーダが入ったグラスが乗った状態を想像したとき、AとB、どっちが飲み物がおいしそうに見えるかを考えたとき、Bのほうがおいしそうに見えると思うのだ。
Aだと黒が邪魔に思えるのだ。
料理の盛り付けで刺し色に海苔や黒豆みたいな黒を入れると、他の食材がおいしそうに見えるっていうのがあるけれど、メインシンボルとテキストが黒っていうのは、どうにも差し色の効果を超えてしまうと思ったんだすよ。

試しに「コースターデザイン」でgoogle画像検索をすると、お店のカラーがモノクロだったりするのは除いて、子供からじーちゃんばーちゃんまで利用しそうなレストランやカフェのコースターではほとんど黒は使っていないのだ。
ぼくがよく行くKIRIN CITYも、ぼくが大好きな喫茶店も、ぼくが愛してやまない餃子屋さんも、お世話になってる小料理屋さんも、コースターやランチョンマットに黒は使っていないのだ。
墨文字でメッセージが書いてあるとか、黒猫がロゴモチーフの店は黒いコースターだけど、基本的に黒は少ない。
やっぱり、黒って使い方を間違えると美味しくなさそうに見えてしまうものなんだって、こんなとこからも思ったですよ。

さらに!動物園で飲み物をのむときに、AとB、どっちのコースターの飲み物が飲みたいですか?って聞いたら、ほとんどの人がBですた。
一人だけ「ぼくはチェリーコークの毒々しい味が好きだから真っ黒のコースターがいい」と言ったヤツがいたが、この意見は一般的ではないのだ。
ほら、やっぱBのほうが美味しそうって思うのだ!

しかーし!
コースターとしての使用ではなくて、記念品として持ち帰ったとき、やっぱりAのほうがひとつの作品としてインパクトがあるような気もする。
Bだとなんとなく色味がさみしいようにも感じる。
3枚連作の作品であればBでいいが、1枚1枚が独立した作品であると想定して鑑賞すると、Aのほうがいいと思う。

さて、AとB、どっちがいいのか悪いのか・・・・(。-`ω´-)ンー

けっこう、悩みに悩みますた。
ネットや図書館でいろんなポスターや店舗用品のデザインを見て、どっちにしようかと悩みますた。

結果、Bでいくことにしますた!

やっぱり文字と動物のシンボルは、造形基礎Ⅲのスクーリングでも教えてもらったように「一番強い色である黒」では、動物園という楽しいところには強すぎる気がしたんだす。
あと、なんとなくデザインが野暮ったくなる感じがしてきたですよ・・・・

他の色の使い方については、カラーの明度・再度と色と色の色相環での距離がほぼ等しいことなどを考慮したので、3つの中に共通カラーがなくても統一感は出るんだけど、あえて黄色と橙色間くらいの色味の共通色を使いますた。
これは、アクセントカラーを入れることで「動物園らしいにぎやかさ」と「アクセントの視覚効果による躍動感」を演出したかったからだす。

さて、最後は仕上げねばなりませぬ。
こがねぇ・・・なんでコースターまで実寸で断裁してボードに貼り付けなんすかねぇ・・・
そこまでするなら紙を選ぶ自由をくれてもいいと思うんですけどねぇ・・・・
意味、あるんですかねぇ・・・・・困りましたねぇ・・・・・
そして、提出への道のりはまだ続くのであった・・・・・    (まだまだ続く。。。)

0 件のコメント :

コメントを投稿