2014年9月20日土曜日

ドラクエ的サバイバルスクーリング!

9月19日~21日の3日間、情報社会倫理論と情報職業論のダブルヘッダーしてきますた。
午前は情報社会倫理論、午後は情報職業論でございます。

んでもって、19日、女子は毎月遭遇する魔女がご降臨されますた。
ご降臨する魔女は人によって異なるようで、痛みを伴うギガンテスやイオナズンを発する魔女や、パルプンテを唱える魔女がいる中、ぼくにご降臨される魔女は「ラリホーマ」の使い手である。
「ラリホー」ではない。より強力な「ラリホーマ」である。
その睡眠作用たるやすさまじく、信号待ちや電車待ちの間に寝てしまい、倒れた衝撃で覚醒した、なんてことはよくあることである。

さらに!先週から蕁麻疹という強敵が出現。
猛烈カユイカユイ攻撃を沈静化させる薬草には睡眠誘導成分がたっぷり・・・でも、薬飲まないと猛烈かゆい。

そんなわけで、ただでさえ眠い座学のダブルヘッダーに魔女と薬草のラリホーが重なり、スクーリングの3日間がまさに睡魔との闘い、睡眠サバイバルとなったのでございますた・・・。


1日目。記憶なし。
手元には午前にもらったレジュメと、ミミズのような線が引かれた本。
記憶にあるのは午前の情報社会倫理論の先生が着てたチョッキが面白すぎただけである。

2日目。がんばるも、やっぱりラリホー。
手元には1日目と同じくレジュメと謎の線とヨダレでぐちょぐちょの本。
そして、記憶にあるのはやっぱり面白すぎるチョッキだけである。

・・・なぜそこまで調節ベルトを限界まで絞るのか?・・・( ̄  ̄;) 笑




・・・・・うむ。やばい。

最終日は、情報社会倫理論は論文を書くらしい。情報職業論もなんかテストがあるらしい。
あまりにも全講義寝てしまったので、おうちに帰ってから悪あがき。

午前のレジュメは、一通り目を通して、わからなかったり知らない単語があったら、その意味を調べてみた。
午後は、たぶん先生が話したところとか線引いてるんだと思うんだが、なんでそこに線が引いているのかもわからない状態のため、3章までザラ~っと通読。
なんとなく講義の内容はどんなだったかを想像してみた。


なんか先輩たちの過去に投稿してくださったブログやコメントなんかを見ていると、情報社会倫理論と情報職業論は面白かったという意見が多かった。
喫煙所で少しお話した人も、眠いけど講義自体は面白いって言っていた。
けど、いつも最初の15分くらいは頑張って講義を聞いているが、その後寝てしまったので、面白いかどうかはわからない。
けど、レジュメと本を見るに概論的なところが多く、この科目がスクーリングでやるべき意味がわからないってのが、ぼくの正直な感想だ。
これこそ通信課題でいいんじゃないか?
これをスクーリングでやるなら、もっと他に実技系や技術系の科目とか、スクーリングでやるべき科目があるのではないのか?
情報社会倫理論と情報職業論ともに、ぼくが見聞きする評価はおおむね好評なものが多いのだが、ぼくには「スクーリングでやる意味・価値」に疑問が残るばかりである。


さて、これで明日、どうにかなるのだろうか?
とりあえず午前の論文や午後のテスト最中に眠りに落ちないことだけを祈って、布団に入ることにしよう・・・おやすみなさーい(= ̄  ̄=) Zzzz・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿