2014年9月25日木曜日

シンボル化って、なんだ?

グラフィックデザイン基礎Ⅰ通信課題2
「動物園に行こう」

・・・・・うぅ、動物園、願わくばいきなくないようぅ・・・(/ー ̄;)


そんなこんなで制作開始。

動物園になんとかして行かずにすむように、ネット検索して、して、しまくって魅力的と思える写真を探す。
この課題は「スケッチしてシンボルをつくる」と「シンボル使ってバナーとコースターをつくる」の2段階なんだが、最初の「スケッチ」がぼくにとってものすごくハードルが高い。
なんてったって、絵が描けないのだ。

あ、この写真、いいな~・・・・と思って描く。


・・・・・あ、あかん・・・・_| ̄|○

あ、この写真、いいな~・・・・と思って描く。


・・・・・あぁぁぁ、あかんがな・・・・_| ̄|○

あ、この写真、いいな~・・・・と思って描く。


・・・・・あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ┏(| | |`□´| | |;;)┓┏(| | |`□´| | |;;)┓┏(| | |`□´| | |;;)┓

そんなこんななドへたくそスケッチをバカみたいに繰り返していくうちに、ひとつの目標を見つける。

絵が描ける人が着目しないもんをシンボルにしたろう!

そして、さらに画像検索。
検索、検索、検索・・・・・そして検索。

検索していたら、おもしろいことに気がついてきた。

なんでみんな動物園にいくのか。
今の時代、すごい動物の映像とかいっぱいある。
DVDだって映画だって、動物園にわざわざ行っても見れないような映像や画像が検索すればいっぱいでてくる。
でも、なんで動物園にいくんだろう?・・・・それは、生で、目の前で、その動物が「思ってもいなかった動き」とか「すごくリアルな躍動感が伝わってくる」とか、そういうことなのかな?って考えただす。
そこで、ぼくは決めたですよ。

動物の躍動感をシンボル化する!

そしてこの目標を叶えてくれそうな写真を検索して探す。
図書館で図鑑やら写真集やらを物色する。
とにかく素材を探す。

ぼくはアナログに絵が描けない。
どんなにスケッチが下手でも、いい素材があって、その素材をパソコンに取り込み、それを下絵にしてしまえばIllustratorでいくらでもなんとかできるのだ。
なんでぼくがイラレができるかといえば、手で、アナログで描けないことをイラレは実現してくれるからなのだ。

そうして、ぼくの思う「きっとこの写真は、生で見たからこそ撮ることができた、その動物の躍動(動き・ポーズ)だ!」という写真画像をきめて、とりあえずスケッチをすることに・・・

もうね、最初に手描きのスケッチはムリだってわかっていたので、必殺技を出したですよ!

1・画像をPhotoshopでグレースケールにしてレベル補正
2・さらに輪郭がうきでるように補正
3・シンボルの規定寸法にしてプリント
4・プリントした紙の裏を鉛筆で塗りつぶす
5・スケッチブックの紙の上にプリントした紙を載せて、プリントの上から筆圧強めに「欲しい線」をグリグリ描く
6・スケッチブックの紙にうつった筆跡を目安にしてディテールを描いていく

この必殺技で、動物達の滑らかで躍動感あふれる輪郭ラインを抽出。

これは、アザラシちゃんがスワンレイク踊ってるみたいなカンジ。
手足がのびて、胸をそって、プリマドンナみたいに見えたんだすよ。


このフラミンゴちゃんたちもプリマドンナ。
いまにもバレエを踊りだしそうな、バレエ独特のトゥシューズを履いてのポワントとか、脚の湾曲とか、腕のしなりを見事に魅せてくれてるだすだす(*´∇`*)


このゴリラくんは、まさにソウル&ブルーズの、ブルースやジャズを生み出した黒人音楽のルーツを彷彿とさせるような魂の躍動を感じるだす。


※基本的に素材画像(写真)はネットから頂戴しているので、モトネタ画像は著作権法等を考慮して公開でけまへん。すんまへん。

描いたスケッチの上にトレーシングペーパーをのせて、躍動感のある線とその動物を現す線だけを写す。
それを繰り返してブラッシュアップしたものを、シンボルにするために、筆ペンで「もっとも必要とする線」だけ描く。
プラス、均一な線ではない筆の筆跡を利用して、勢いみたいなものが出るように筆圧を加減しながら筆ペンで線を引いていく。


これをスキャンして、筆の墨部分を塗りに変換(ライブトレース)し、さらにいらないアンカーポイントを削除したり、ベジェを調整したり、現実にはない影や特徴を足したりして、徐々にシンボライズしていったですよ。


ボディラインが生み出す躍動感を表したかったので、線を線として扱わず、線を塗りでつくっていってみたりした。
線(筆の筆跡みたいなところ)の、筆ならではの勢い=躍動的な要素を意識してみた。
さて、ぼくの試みは成功しているのだろうか?

ここまでできてしまえば、あとはバナーとコースターを制作するだけである。


ってか、さんざん「シンボル化」やら「シンボライズ」なんて言葉を使っておりますが、そもそもシンボル化ってなんなんでしょう?
わからないまんま、なんとなく「見せたいところを強調したイラストレーション」みたいなイメージで作業をしてしまったが、これであってるのだろうか( ̄ー ̄?)

ま、間違ってれば再提出なだけなので、これはこれでいいとして、次のバナーとコースターのデザインをすることにするですよ。

(まだ続く・・・)

6 件のコメント :

  1. アイコンは全体を入れずに、各動物の特徴的な部分だけをトリミングした方が良いかもしれませんね。その動物だと分る限界まで、いらないところをカットしてはどうでしょうか?。私はグラ基礎の1の先生には細かいところまで添削されました。よけいなお世話かも知れませんが、納得しても、もう一度見直すくらいの気持ちがいりますよ〜^_^; 頑張ってくださいね〜。

    返信削除
    返信
    1. コージせんぱい、アドバイスありがとうございます!
      よけいなお世話、ちょー歓迎です!ありがたいですー!
      グラ基礎、課題1はそうも思わなかったんですけど、課題2やってて、1回の提出じゃどうもならん=一度出して添削もらったほうがいいカンジってな雰囲気がつかめてきましたですよ(笑)
      さっさと提出して、早めにボッコボコにダメダメのダメ出し添削もらってやり直ししたくてたまらなくなってきました!
      おかしいなぁ・・・ぼく、M体質じゃないはずだったんだけど・・・(笑)

      削除
  2. 完全にMじゃぁ・・・・(^^);

    私もこの課題再提出だったです。再提出の方が悪いところが分るし、次回に活かせるのは確かですね。通信だと誰かとコミュニケーションをとりながら制作出来ないのが厳しいところですね。

    返信削除
  3. ところで、このコメント欄ですが、MacFirefoxだと最期まで行かずに途中で消えてしまうんですよ。なのでSafariで入れてます。なんでだろ〜?

    返信削除
  4. すみません。テストさせて頂きました。これはChromeブラウザからのコメント入力です。

    返信削除
    返信
    1. このブログ、BloggerっていうGoogleの無料ブログサービスを利用しているんですよ。
      それで、質問フォーラムとか過去の質問とかヘルプとか見てみたのですが、該当する症状のものはなくて、原因わかりませんでした・・・なんでですかねぇ? (?_?)
      GoogleにはChromeがあるから、Chrome以外のブラウザと相性悪いのかなぁ・・・むうぅ。

      削除