2014年7月14日月曜日

もうタイル状のものが見たくなひぃぃ(×_×)

スクーリング2日目。
午前も午後もひたすらスケッチ。
パターンを組み合わせて「歩く・走る・飛ぶ」を作り続ける。
白黒ノイローゼになりそうになりながらひたすらパズルパズルずるずるる・・・_| ̄|○ツカレター

さんざん苦心して疲労困憊してきた午後も16時ごろ、先生が通学の学生の参考作品と通信の生徒の参考作品を見せてくれた。

・・・・・・先生、それ、初日に見たかったようぅ・・・(/ー ̄;)

途中、鉛筆の削り方を教えてもらったり、紙の扱いを教えてもらったり、課題であるピクトグラム作成とは直接的には関係ないこともいろいろと教えていただいた。
これは、常に先生やTAさんが教室にいて、学生のやることに目を配ってくれている環境だからこそありえることで、通信で自宅学習ではないことである。

ある程度までスケッチをまとめて帰宅。
帰り際にスケッチを先生に見ていただいたところ

「ネガのほうがいいかもだね」
「家でポジとネガの両方のスケッチやってきて、明日の朝どっちにするか見てきめよう」
「ネガでやるなら、この筆(ぼくの100均の筆)だと、たぶんベタ面塗るのに苦労するね」

などなどの話をして、パターン出しとネガで制作するための筆の選び方を教えてもらう。
帰りは世界堂の新宿西口店で先生のアドバイスを参考に筆を2本と大量に必要になりそうな絵具を購入。


造形基礎Ⅲ課題1でさえ100均の筆でがんばってきたぼくだが、それが「・・・( ̄  ̄;) うーん」って言われてしまっては買わないわけにはいかない。
それこそ清水の舞台を降りる勢いでエイヤッと購入・・・あぁ、お財布が・・・(≡д≡)


絵具はアクリルガッシュの「ジェットブラック」がいいそう。
修正に使う白い絵具は同じくアクリルガッシュの「ホワイト」がいいとのこと。
圧倒的にブラックを多く使うことになるけど、だいたい40mlのものを買えば大丈夫とのことでした。

スクーリングで帰り際の先生のお話で

「明日の最終日は本制作にかかれるように自宅でブラッシュアップしてきましょう」
「自分の作業の速度なども勘案して、遅いようならグリッドを引くなどできることはしてきたほうがいいと思うよ」

みたいなアドバイスがあり、帰宅してからも作業。

2日目に散々パズルパズルしていたが、正直いって、一日かかってやったアナログなスケッチ作業だけど、自宅でIllustratorで全パターンを起こして画面上でやったら、同じことが数分でできてしまった。
パーツの組み換えもペラペラのコピー用紙でやるより、画面上でやったほうが正確かつ大きい画面で把握がしやすい。
しかも、白黒反転するのだって操作イッパツでできてしまうのだ。

そんなわけで、微調整した3パターンを作り、3パターンにそれぞれポジverとネガverを作ってPDF保存。


※最終日講評時に人気投票っぽいことをするんですけど、ぼくは表彰台に上がらなかったので、あまり参考になるピクトグラム作品ではないと思うので、今後このスクやる人は参考にしないほうがいいと思うですよ

自宅のプリンターがインク切れなので、これは最終日の朝、コンビニかキンコースで出力することに。

その後、紙をB3規格サイズに断裁してグリッドを描く。
紙は世界堂新宿西口店(センタービルから一番近い)ではこのスクに出てる人で買い占められてB3規格サイズのケント紙が売り切れだったため、仕方なく水張りサイズ(四切サイズ)を買って帰宅した。
当初用意したB3規格紙は、丸めてもっていってしまったので、丸まりがうまくとれず、逆に丸めると紙にシワが入ってしまって使えないので、仕方なく買いなおしたのだ。
もし今後このスク受ける人は、必ず平らな状態で持っていくことをオススメしたいです!

作業が全て終ったらもう深夜。
フラフラの状態でお布団にはいった2日目でございました・・・(= ̄  ̄=) Zzzz・・・

4 件のコメント :

  1. スクお疲れさまです〜。
    アイディアスケッチをイラレでやるというのは良いアイディアですね。私もそうすれば良かったです。(^^)
    いよいよ次は名物の蝶々課題ですね。これは、多分もっとキツですよ〜。
    私の隣にいた兄ちゃんは宿題にアイディアスケッチを数十点描いてこい、なんて言われてましたから・・。ホントにやって来たかは分りませんが・・。
    私はアイデアスケッチは通ったので、宿題に色鉛筆で着色してくるように言われました。当然色鉛筆は持っていってなかったので、「買いなさい」とあっさり言われました。
    家には持ってるし、買うのももったいないと思ったのですが、仕方が無いのでホテルの近くの100均で買って済ませました。仕上げは普段使い慣れてるiMacでイラレとフォトショだったので楽でした。
    で、暑い中ですが、頑張ってくださいませ〜。(^。^)/

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございますーヽ( ´¬`)ノ
      場合によっては色鉛筆とか着色するものも持っていったほうが良さそうですね!
      これはアドバイスいただいてよかった!ありがとうございますです!!!
      ってか、正直、蝶課題については事前準備が大事という話と事前準備しても無駄という話と、いろいろな話を聞いて、もう「なるようになるさ~♪」って心持デス。
      寝不足徹夜対策に、安売りセールでドリンク剤だけ買っておきまっす( ̄^ ̄ゞ 笑

      削除
  2. 指導書にはある程度資料集めをしておきなさいと書かれてましたので、私はクリアファイル1冊にテーマを決めた写真の切り抜きを持っていきました。
    スクでは最初にアイディアの発想方法というか連想法を教えられます。それに基づいてアイディアスケッチを考えます。面白い発想が出来る方法ですよ。なので、この段階で自分の資料が役立つかどうか決まってしまいます。用意してきた資料を使ったアイディアスケッチが合格すれば役にたちますが、却下されれば全くの無駄になります。私はボツでしたので事前準備はあっさりと無駄になりました。(T-T) 結局ネットで資料集めと言うことに・・。事前準備をしてきた人は、ほとんどの人がこういう結果になったのではないかと思います。
    なので、事前準備は必要と言えば必要ですが、無ければ無しでも済んでしまうと言うことでしょうか。アイディアスケッチが合格すれば、iMacでネットで資料を探しながらの本制作となります。
    iszuさんなら、面白い発想が出来そうですね。楽しみながら頑張ってください〜(^o^)/

    返信削除
    返信
    1. >事前準備はあっさりと無駄になりました。(T-T)

      ・・・・・こ、こわい・・・これが一番恐怖かも・・・ひいぃっ((((。iдi。)))
      でも、アイディアの発想法や連想法は、いつも仕事でもネタに行き詰ってばかりだったり、クライアントさんの意向が理解できなかったりしてるので、すごく勉強になりそうで楽しみです!
      とりあえずゆっくり準備している時間もないので、ネタを脳みその中にいくつか用意して、素材はネタが通ってから集めることとしますですよヽ(ΦωΦ*)ノガンバルゾー

      削除