2014年7月12日土曜日

なんだか演劇と踊りの経験が生きたスク1日目

台風の影響を考慮しつつも、前夜にけっこう小康状態だったので、通常より1時間早く起床。
眠い目コスリコスリ、今回は新宿校へ。
家を一歩出ると外は晴天!そして、あつーーーーーーーーい´´(;´ρ`A)
しかし、中には始発できた人もいて、上には上がいるもんだと感心しきりでスクーリング1日目スタート!

まずは前提講義。
眠気と空腹と戦いながら、いろいろなピクトグラムのスライドを見ながら解説講義を聞く。
その後、長さ・寸法の体験実験(テスト?)みたいなことをする。
仕事柄、名刺・ハガキ・B5サイズ・A4サイズくらいの規格寸法は暗記していたが、そういうことはほぼ関係なく、ものの大きさを数値として実感することや、大きさもひとつのデザインであることも学ぶ。
これは、今後のDMの寸法設定とかに役に立ちそうな講義で勉強になった。

その後、やっとお昼ごはんにありつけるかと思いきや、午後からやることの説明。
歩くということについて、前提講義をふまえた上で、まずは個人で「言葉で書き出す」作業をし、その後、グループ単位で、グループ内で書き出したことを発表。
その発表を踏まえた上で、レジュメと前提講義を前提とした「歩く」ことについての発表をグループ単位を行う。

この発表をグループのメンバーでどうするかを話し合う。
ここでは性格や社会経験などがモロに露出。
しかし、人生約40年もしていると、自分にできて他人にできないことよりも、各個人ができることを発表の中から想定して、その総合力をもって実現できる発表プロットを考えることを考える。
それを高校卒業してすぐの子にやれというのはハナから酷な話で、そういう思考ができる人が先導するべきだと、そこは勝手に自分で思い込んで(本音はやってくれる人にまかせてラクしたい・・・とか一瞬思ったけど)自分なりにがんばってみた。
きっと「このおばちゃん、ウルセー」とか思われていたことだろうな・・・・でも、ま、憎まれ役も時には必要ということでq(・ェ・q)

そして、発表の内容を筋立てして、誰がどう動くか相談しながら組み立てていく。
グループの中に、先導役を引き受けてくれる人がいて、これまた若いのにしっかりした方がいたので、ぼくは見せ方とか歩くという動きのカラダの使い方とか、デザインとはイメージのかけはなれた「演技指導」や「演出」っぽいほうに専念できた。
彼女みたいな人が一緒に仕事するときにいたら、きっとうちのシャチョーさんもラクだろうな・・・と、ちょっと反省。

最終的に時間が足りなくてゲネはできなかったけど、本番、笑いをとりながらなんとか終えることができた。

その後は2日目からの課題の説明と準備。
この準備でA3サイズに印刷されたサンプルチップをカッターで切り離す作業をするのだが・・・・

あの、裁ちトンボつけるなら、実線まで印刷しないで欲しいんですけど・・・
どうキッチリ切り取っても、カッターの歯の幅より印刷された線のほうが太いので、線が残ってしまうんですけど・・・むぅ( ̄へ ̄|||)


腹の中でいろいろ突っ込みをいれつつ、切り取りを進めるも時間切れ。
切り取れなかったものは宿題ということで自宅で切ることに。

帰りは2日目で使う紙を買いに世界堂西口店へ。
しかーし!B3規格ケント紙は売り切れ。
仕方なく本店まで夕立ちの降りしきる中を歩いて移動。
途中、めずらしい完全な半円の二重の虹を見ることができました。


※ほんとはもっとすごかったんだけど、うまくスマホカメラでとれなかったー(/ー ̄;)

買い物して帰宅。
ゴハン食べながら宿題のサンプルチップの切り取り。
途中、とんかつの衣がサンプルチップに飛んで(_△_;ガァーーーン!!となりながら、22時に完了。
明日の準備をし、宿題のサンプルチップを使って試しに歩くを作ってみるをするもできず・・・・

やっぱり画面上でやらないとうまくいかないので、4分割方眼をつくる。
これは明日少し早起きして、プリントしてから電車の中でスケッチつくる予定だ。

そんなわけで、どんなピクトグラムにするか考えながら寝るとしよう・・・・おやすみなさーい(= ̄  ̄=) Zzzz・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿