2014年6月25日水曜日

救世主はピンクとミンクだった!

1日目、帰宅してからIllustratorでハリガネをモチーフにした構図を考える。
実際にどんなテクスチャが面の部分に入り込むのかイメージしたかったので、なんとなーくのイメージを作って、いろんな線での分割をシュミレーション。
ハリガネの、カクカクしてないけど丸くもないカンジを出しつつ、かつ、マスキングテープで貼りこんでいける程度の線を考える。
そして、こんなシュミレーショングラフィック(デジタル・エスキースもどき)を作った。



画面の外側に解放されている面と閉ざされている面。
池のような面、川のような面、入江のような面。
分割されたことで、10の島が画面にできた。
10面全部を違うテクスチャにしてしまうと本気で大変なことになりそうだったので、大きく3つに分けてテクスチャを配置。
時間がなかったのでA4サイズで作ったけど、実際はB2サイズに描くので、どこを特徴ある別のテクスチャにするかは、2日目の作業で決めることにした。

2日目は、午前中の早いうちだけエスキース。
1日目の続きみたいな感じ。
先生は「早めに本制作にかかれるように~」と言って、ちょっと焦らせてくれちゃってる中で、ぼくはスケッチブックにもくもくとマスキングテープを貼る。
この家で作ったデジタル・エスキースもどきのプリントアウトを見ながらマスキングテープをハリハリしてたら、先生がにょっと後ろから現れて、一言
「それ、面白いね」
って言って去っていった。

・・・・・・なななななな、なんだったんだー Σ( ̄Д ̄ノ)ノ

そして、気にせずテープを貼って、予行練習のつもりでテクスチャを描きこんでいく。
時間的なこともあってマスキングテープの線の部分までは手が回らず。
本制作に入る前に、この程度までのエスキースを描いた。


真ん中のところが気に食わなかった(あんまり美味しそうぢゃない!)のを後悔しつつ、本制作に入る。
3日目が午前中しか使えないこともあって、とにかく急いで描きまくった。

・・・・・・が、描けないのだ・・・・(ノД`)
細い線とか細かい図形が描けないのだ!
毛先がバラバラして、線がもにょもにょになったりはみ出てしまうのだ!!!

そして100円ショップの筆と戦いながら、とりあえず描けるところまで描いて2日目は終了。
ここまで描いたが、一番細かくて時間がかかる線の部分がまだまだ描きこめていない。

「彩度を高く」「原色と造形の補色・対比」を念頭に描いていたので、とにかく原色を多用しようと考えた。
そこで6色色相を思い出して、CMYKのKヌキで6色色相を作ろうと考えたのだ。
C100%(青)、M100%(マゼンタ)、Y100%(黄色)、C100%+M100%(紫)、M100%+Y100%(赤)、C100%+Y100%(緑)の6色から、持ってる絵の具で近い色をピックアップして、彩度を落とさない為になるべく混色しないようにして描いていたのだ。

色の組み合わせも、大小にかかわらず隣り合う色が常に補色や反対色がくるように意識して描いていったんだけど、6色しか使わないと限界がくるというか・・・何か物足りなさを感じてくる。
そして、その足りない色がわかった。
ピンクだ!!!

ピンクはマゼンタと白を混ぜれば作れるが、これだとかなり彩度が落ちてしまう。
そこで、前述の筆の問題を解決すべく、帰りに世界堂本店へ。
その名も「PINK」という絵具と、なんと800円もするミンクの毛の面相筆なるものを購入!
ぼくの2日分のお昼代であるw( ̄△ ̄;)w
しかし、このPINKの絵具とミンクの筆は、最終日に絶大なる活躍をするのであった。

そんなこんなで、2日目はここまで描けた。


家に帰って、ふたたびピンクの配色のシュミレーション。
Photoshopで↑の画像を取り込んで、世界堂で買ったPINKの絵具に近い色を各所に配置していく。


ピンクが入っただけで、トマト色と全体的に配された黄色でちょっと単調化していた色彩にアクセントが生まれた。
うむ。ピンク、すばらすいぃ~~~~ヽ( ´¬`)ノ

そんなこんなで3日目に突入していくのは次号で・・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿