2014年6月24日火曜日

造形基礎Ⅲスクーリング1日目『葛餅』

朝5時半に起き、おにぎりをカバンに詰め、忘れ物がないかもう一度確認し、一張羅のにゃんこシャツを着て、6時半の電車に乗る。
金曜日(平日)にB2パネルと旅行用キャリーカート、そして巨大おにぎり4個が詰まった激重リュックを背負って電車に乗り込むことを考えると、何がなんでもラッシュの時間、できれば乗車率70%以下くらいの電車に乗らないと、とてもじゃないが荷物を持ち込めない。
持ち込めたとしても多大なる迷惑がかかってしまう。

そんなわけで、普段より4時間近く早起きして出発。
東急は乗り換え駅付近になると混んできたけど、辛うじて迷惑にならない込み具合。
山手線に乗り替えるが、ちょうどきた電車は東急からの乗り換えの人でけっこう混んでいたので、1本見送ったら、ガラガラの電車がやってきた。
らっきーヽ(=^・^=)ノ
新宿で各駅停車の中央総武線三鷹行きの乗り換え。
だいたい7時15分くらだっただろうか・・・・これも座っていくことができた。
7時50分頃に吉祥寺駅着。
少々早く着きすぎではあるものの、早めに家を出てよかったと実感。

学校について食堂へ。
かーちゃんお手製のおにぎりで朝ごはん。
(かーちゃん、いつもありがとうー!)
とりあえず荷物を教室に置いたりいろいろしてたら、LINEグループのお仲間の人が声をかけてくれました。
SNSで繋がってた人との出会い、一人目!
そのあと食堂へ行くと、あれよあれよとたくさんの方に遭遇!!!

むおぉー、交流があってよかったーヽ( ´¬`)ノ

まず前提講義。
これは4/26の造形基礎Ⅰ教室開放とカメラリテラシーでもお世話になった2号館4階の大きい会議室。
ざっと100人くらいはいただろうか。
前提講義は眠気と戦いながら、色の話をたくさん聞いた。

うむ。奥が深すぎてよくわからなひ・・・・しかも眠いー(/ー ̄;)
でも、国や地域で同じものでも色が違ったり、色の見え方に国民性みたいのがある話が面白かっただす。

前提講義が終ると、今度は教室に移動。
前提講義のおしまいに「教室に早めに戻って、先生の話を聞いてから先生の指示に従って休憩とかしてくださいね、っていうアナウンスがあったので、教室で待つも・・・・・先生こないー(/ー ̄;)
向かいの教室からは先生の声が聞こえてくるのに、うちの教室には・・・・・こないー(/ー ̄;)
おにぎり食べて(これがいいことか悪いことかは謎。)ひたすら待って、やっと授業開始。

内容的には、白いモチーフが9点あって、それを手がかりに造形作品を描けというもの。



1日目はひたすらエスキース。
午前中と午後前半をつかってひたすらエスキースを描く。
っていうか、エスキースがなんだかわからないまま、エスキースを描く。
ひたすら絵具が減っていく。


何をどう描いていいのかわからないのと、(あれだけおにぎり食べたのに)おなかがすいてたので、とにかくモチーフを実際にモグモグする(した)つもりになって見たり触ったりした感覚から、イメージした食感や味覚なんかを色と形で表現してみた。

発泡スチロールの三角柱を触ったら、ほんのりあったかくて、あったかい感じが冬にコンビニで肉まん買って手に肉まん持ったときの、ほんわかジワワ~ンって手のひらにつたわってくるあったかい感じ、とか。

ハリガネの弾力が船橋屋の葛餅みたいだったので、葛餅の弾力の感じを黒蜜色で描いたもの、とか。

なんかイメージがガリガリ君ソーダ味っぽかったので、ガリガリ君ソーダ味を食べた味覚のイメージ+アイスの冷たさで脳天がキーーーーーーーンとなった感じ、とか。

さて、どれがどれかわかりますか?
・・・・・ってか、今見直して、自分でもわからないものもあるので、きっとこれ見てもまずわからないでしょう・・・・うむ。

全部で10点以上描いたですよ。
他の人は2~3点の人もいたけど、絵が描けないぼくは「描きこむ」とか「筆の表情がどうの」とかを考えたりする余地がないので、本能の赴くままに、美味そうな色をほにゃほにゃ描きまくってみたです。
足りない知識や技術や経験値は、量で勝負ぢゃっヽ(=^・^=)ノ

午後後半は、それぞれ何を思ってエスキースを描いたのかをみんなの前で、ひとり5分くらいづつ発表。
ぼくの発表に対する先生のコメントは

「モチーフから葛餅描いた人ははぢめてだ」
「なんか食べ物のイメージが多いね」
「(ぼくのだけではなく) 全体的に色が薄くて彩度が低い」

そこに先生のマシンガントークなコメントはもっとあったけど、これくらいしか覚えてない・・・
先生のコメント、最後の最後まで言ってることの半分以上が意味不明でした・・・(≡д≡)

0 件のコメント :

コメントを投稿