2014年5月10日土曜日

被写界深度で脳みそ崩壊。

さて、2日目のメインはレンズと被写界深度のお話でした。
レンズはまだなんとか理解できたんだけど、被写界深度になったら・・・・脳みそ崩壊ブシャー:;:;:.,*+(_△_;

たまたま席が後ろの人に
「被写界深度って、わかります?ぼく、ぜんぜんわかんないんですけどー(/ー ̄;)」
って声かけたら、おにーさんは
「わかることは教えてあげますよ」って、やさしく教えてくれたですよ!

・・・・・神だヽ( ´¬`)ノ

おにーさんのおかげでだいぶわかったんだけど、おにーさんの教えでもわからなかったのが「浅い」と「深い」。
写真という平面と、現実の奥行きの中で、どうして海みたいな「浅い」「深い」が出てくるんだ???
そこがどうにもわからなかったんだが、Twitterで「被写界深度がわけわからん」って呟いたら、ちょーカメラに詳しい友人がそこを教えてくれたですよ。

おかげさまで、講義内容、全部わかったわけじゃないけど、なんとなーくイメージできるまでには理解できてきた気がするですよ。
やっぱりぼくは自分ひとりぢゃこの大学生活、乗り切れないだす。

そんなわけで、忘れないうちに・・・

間違って解釈していたこと

×望遠レンズ→遠くの被写体を撮るレンズ
○望遠レンズ→長焦点レンズ

×広角レンズ→近距離で広範囲を撮るレンズ
○広角レンズ→短焦点レンズ

×望遠レンズによる遠近感の圧縮=収差の糸巻き
○望遠レンズによる遠近感の圧縮と収差の糸巻きは別物(糸巻きはレンズの性質)

被写界深度の「浅い」「深い」
×海みたいに水平な何かに対して下方向に「浅い」「深い」
○肉眼で見る奥行き(前後)に対して「浅い」「深い」

だいぶわかってきたぞーヽ( ´¬`)ノ
なんとかして明日のテストで60点をもぎ取りたいのだ!!!
あとは神様に祈るのみである・・・・

余談。
講義中のスライドが、どうしても書き写しきれないし、書き写していると先生のお話を聞き逃してしまう。
WEBキャンバスとかで、スクーリング期間中だけでもいいからスライドを自宅で(講義時間以外で)閲覧できるようにしてほしい・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿