2014年5月25日日曜日

植物系サンプルの保管

造形基礎Ⅲとグラフィックデザイン基礎Ⅰ通信課題1で必要になる、植物系素材サンプル。
春からぽちぽち集めて、花や葉は押し花にしてみたりしているが、やはり植物は季節で色が違う。
本当はGWにカラーパレットとか作ってしまいたかったけど、色数がどうにも集まらないので、サンプル採集を日常生活の中で進めてから本格的に課題に取り組むことにした。

今のところ、春(4月5月)では・・・

つつじ(赤紫っぽいピンク、マゼンタっぽいピンク、白系)
桜の花びら(薄いピンク)
うちのかーちゃんのベランダ花壇からパクった、謎のオレンジ色の花と紫色の花
→これは40mm四方の台紙にサンプルとして仕上げるときに、何の花なのか確認する予定
いろんな葉っぱ
→とーちゃんが人様の庭で庭掃除のバイトでかっぱらってきたらしい・・・

その他いくつか集まった。
どうにも青とか黄色がないので、これから梅雨~盛夏に向けて、紫陽花やひまわりを採取するつもりである。

そこで、春に採取して押し花にしていたものを現状保管すべく、いろいろ調べて、こんなことをしてみたですよ。

①ドライフラワー用のシリカゲルをGET


これはAmazonで買いました!
長良化学 【繰り返し使える】 ドライフラワー用シリカゲル 500g
送料込で769円でした!

②タッパーに①のシリカゲルを敷き詰める


③押し花にしていた植物を、ティッシュを薄紙1枚にして、②でしいたシリカゲルの上に重ねていく。


これはとーちゃんが道端で拾ってきた葉っぱと、どこで採取したかさえ忘れてしまった紫色っぽい花びら・・・・・これ、なんの花の花びらなんだろう?(; ̄ー ̄)...?


これはかーちゃんがベランダで育ててた謎のオレンジの花。
只今かーちゃん、この花の名前を調べ中・・・ってか、花の名前も知らないで花育ててたんかーっ(≡д≡)ガーン

④しっかりタッパーのフタをする。

シリカゲルは水分を吸収してくれる素材。
これだけ大量のシリカゲルを敷いておけば、一度押し花化されて水分を抜かれた植物たちを現状維持するくらいの威力を発揮してくれるだろう!・・・ってか、発揮してくれないと、困るー( ´△`)


うむ。造形基礎Ⅲ課題1とグラフィック基礎Ⅰ通信課題1は、長丁場となりそうである(/ー ̄;)

--------------
本日の費用
シリカゲル代:769円

0 件のコメント :

コメントを投稿