2014年5月10日土曜日

眠いけど楽しかった講義。

カメラリテラシー2日目。
土曜日の今日もムーバスはやっぱり「東循環・迂回」でした。
きっと明日も「東循環・迂回」なんだろうなぁ・・・関東バス高いんだよな・・・

そんなわけで、昨日の1日目から、1日遅れですがレポですー。

本格的な講義に入る前の先生のお話。

「今年から初日にやっていたカメラの歴史をやめて、その分3日目のデジタルについて詳しくやるようにしたよ」
「今まで1時間半くらいしかやらなかったデジタルの知識を3日目のほとんど使ってやるよ」

うむ。それは大賛成ヽ(*⌒∇⌒*)ノ
なんだけど、それなら林檎の秘密の本はデジタル版ぢゃダメだったのか?と、ちょっと思った。
けど、この本は算数ができないぼくには、レジュメだけでは不明なところが多くて、買って持ってってよかったと思ったですよ。
アナログ版でも充分価値ありました!

「普段は銀座4丁目のギャラリーにいるよ」

えー。会社から近いしー
ってか、いっそのことスクーリング銀座のギャラリーでやってくれたらよかったのにー
だって、スクーリング終ったら会社行くんだもーん・・・と思ったですよ。

「このスクーリングは3日間で写真の専門学校が3ヶ月かけてやることやるんだよ

・・・・ひょえーΣ(- -ノ)ノ

「デジカメのカタログに書いてあることがわかるようになるよ」

うん、2日目終った今なら、カタログみても前よりわかると思う。
このスク出る前は、一眼レフはオートでお任せすればなんでもキレイに撮ってくれると思っていた。
けど、スク2日目終って、マニュアルにすべきところはマニュアルで、オートにも短所やマニュアルでないとできないことがあるってことがわかったですよ。

1日目のメインは露出。
絞りとシャッタースピードの話がメインでした。
まだ絞りとシャッタースピードという2要素だけだったので、ぼくの脳みそでもなんとかついていけました。

あと、ちょびっとヒストグラムの話。
これは普段Photoshopでやってるレベル補正の話に似ていたので、すごくよくわかりましたですよ。
カメラ音痴でいい写真が撮れないからこそ覚えたPhotoshop。
(関係ないけど、Illustratorは絵が描けないから覚えたですよ、ぼく)
それがここで役にたつとは!!!
経験がこんなところで生きてくれて、ちょっと嬉しかったなーヽ( ´¬`)ノ

先生が講義の途中で

「あ、これやると難しくなっちゃうー」
「あ、これは難しいよね」
「あ、これはまだわからないと思うけど、とりあえずこんなんもあるってことで!」

って、難しくないように難しくないように言葉を選んで講義してくれたのが、とっても印象的でした。
いい先生だぁ~(*´∇`*)

そんなわけで、1日目はたいしてパニックにならなかったんですが、2日目は・・・・次の投稿で。

0 件のコメント :

コメントを投稿