2014年5月2日金曜日

絵具の配合ができません・・・(/ー ̄;)

絵具の配合ができません・・・
なにをどうしても見た色になりません。


ぼくが持っている絵具は、100円ショップで買った水彩絵具11色、ポスターカラー9色、世界堂で買ったターナーさんの12色のアクリルガッシュのセット。
水彩とかの絵具の種類なんぞ完全無視して、とにかく色をまぜては試し塗り・・・混ぜては塗り・・・また混ぜては塗り・・・を繰り返すも、ぜーんぜん目指す色にならないのだす。

造形基礎Ⅲの課題のカラーパレットは、素材を見て、その見た色を再現するのだ。
頭では、素材の凹凸だったり影であったりを総合的にとらえたら、こんな色になるだろうってイメージは浮かぶ。
けど、その浮かんだイメージの色に、まったくなってくれないのである。
当然、見た目もなんか違う色になるのである。
臙脂色にいたっては、どの絵具を配合しても茶色っぽくなって、まったくカスリもしない別の色になってしまうのである。
ヽ(`Д´)ノ CMYKでプリントアウトOKだったらとっくの昔にできてるのにぃ~~~~~~っ!!!

パソコンでCMYKでとかだったら近いところまで持っていける。
ってか、そんなお仕事してるわけだし。
たぶんRGBでもそこそこはイケるはず・・・。

でも、絵具はなんか違うのだ!
赤+青=紫にならないのだ!
CMYKに近い色の絵具でCMYK値に近い配合で絵具を混ぜても、似た色どころかどどめっていくばかりで、ぜんぜん違う色になるのだ!
絵具、どうなってるんだぁーーーーーーーっ(/_<。)


そんなわけで、図書館の書籍検索から、いくつか絵具の知識や絵具で色を表現する方法が載っていそうな本を探して予約してみた。

・リキテックス大全-アクリル絵具入門者から、スキルアップしたい人まで-
・絵具の事典
・絵具のレシピ-初めてそろえる基本色と混色サンプル-(一夜漬けの専門家シリーズ)
・混色パーフェクトレシピ1500-描きたいものから色を探せる 油彩・アクリル・水彩

図書館の検索システムでは、ほとんどの本はタイトルしかわからないので、野生のカンでお取り寄せ予約をしてみた。
ぼくとしては、まずカラーサンプルがあって、サンプルが水彩やポスターカラー、アクリル、油など種類ごとにあって、そのカラーサンプルが何絵具なら何色○%、何色○%、・・・みたいな色の配合が載ってるものがほしいのだが、そうそう見つからない。
DICカラーガイド色見本帳の絵具版が欲しい!!!
↓こんなんの絵具版が欲しい!!!
http://www.dic-graphics.co.jp/products/cguide/index.html

CMYK(金銀)の%が載ってるカンジで、絵具の配合がわかるものがほしいのだ。
ってか、そんなもんでもないと、絵具で色を再現するという、この必修課題は永遠に提出できないかも・・・Σ( ̄□ ̄ || 〒 ||

もしそんな都合のいいカラーチャートやら、こんなぼくにオススメの本やらがあったら教えてくださいですー(-人-;)


実は、6月の造形基礎Ⅲのスクーリングまでに仕上げて、大学に持参提出しようと思って早めにはじめたけど、それはあきらめたほうが賢明なようだ。
スクーリングで先生に相談したり、スクーリングにはゼッタイ絵が描けないぼくより絵具に親しんでいる絵のセンパイがいるはずだから、そんな方々に質問してみたりしてから通信課題を進めるほうがいい気がする。
だって、今このまま続けたら、絵具も紙も、どれだけあっても足りなくて、絵具破産しそうなのだ。


そんなわけで、今日は12時間がんばって、結局1枚だけ「ま、これくらいだったら先生もOKしてくれるかな?」っていう色が作れました。
もう、筆洗いすぎ、パレット洗いすぎ、いろいろ洗いすぎで手はカピカピ、爪はどどめ色、もう散々(/ー ̄;)
しかし、この壁を乗り越えなければ、造形基礎Ⅲは必修科目なので、どんなに留年したって卒業はできないのである。

2 件のコメント :

  1. アメブロMIMI2014年5月9日 8:26

    うわあ お疲れ様でしたー

    まだⅠも終わってない私にとって、Ⅲなんて果てしなく届きません
    必修だからいつかは向き合わなきゃいけないですもんねー

    返信削除
    返信
    1. MIMIさん、いらっしゃいませ~
      結局この課題は、絵の具の本を図書館で予約したのがぜーんぜん来ないので、棚に上げたまんまでございますです。
      造形基礎Ⅲはおそろしく手間暇時間くいそうなのでGWに進めたかったんですけど、まったく進まずにGWは終わってしまったですよ・・・
      ってか、他の課題が進まない~(6 ̄  ̄)ポリポリ

      削除