2014年5月30日金曜日

知ってる言葉で勝負ぢゃ!

コンリテⅡ課題2、提出しますたっヽ(ΦωΦ*)ノ

コンリテⅡ課題2-1の出題は
「Web上の検索エンジンを使って、以下の用語の中から2語を選び、その意味を調べなさい。その上で、複数のWebサイトの情報を引用しながら、それらの用語の意味や検索で得られた情報について、用語の深い理解の経緯を説明し考察しなさい。
」である。

で、2語を選ぶわけだが、選択肢にある単語がほとんど意味不明・・・ (;・∀・)

「アール・ブリュット」・・・シャンパンの種類ですかー
「マクルーハン」・・・まるごとチャーハン・・・
「エルゴノミクス」・・・えり好みしまっくす!(東MAXとはなんら関係ございません)

ま、そんなわけで、身近で使ってる単語から2語を選んだですよ。
で、タイトルは「デジタル・アーカイブとデジタル・フォントについての考察」。
設問の最後が「考察しなさい」なので、課題2-1に引き続き、タイトルは「○○○についての考察」となった。
課題2-1と課題2-2は同時提出。
先生はまったく同じパターンのタイトルをどう評価するのか、不安だー

さらなる不安要素。
構成って、自分の書いたのであってるのか?

自分の構成

序論
2語を選んだ理由と目的

本論
①「デジタル・アーカイブ」について調べたこととわかったこと
②「デジタル・フォント」について調べたこととわかったこと

結論
①本論の一言まとめ
②2語について、それぞれ一言づつ考察

なんか、ちがくない?
2語のレポートなんだから、

「1語目について」序論・本論・結論
「2語目について」序論・本論・結論

って感じで、2つのレポートを書くんだったのかもかもっ(;・∀・)

しかも、ぼくの書いた結論、2語ぐちゃまぜMIXだし・・・

「これらのことから、デジタル・アーカイブはデジタル化したあらゆるものを記録・保存・活用するものであり、デジタル・フォントもまたデジタル化したフォントを活用するデジタル・アーカイブであると考えるに至った。」

どうにも考察が書けなくて、アイディア浮かばなくて、デジタルつながりなことをいいことに、デジタルフォントをデジタルアーカイブ扱いしてしまった!
(ま、間違ってはいないんだけどさ・・・)
我ながらなんという荒業・・・(;・∀・)

そんなわけで、今さらものすごい不安に駆られているのであった・・・
ま、手書きぢゃないから、書き直しでもいいや・・・でもなぁ・・・むぅ・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿