2014年5月29日木曜日

テーマを設定って、こーゆーこと?

コンリテⅡ課題2-1の出題は「Web上の検索エンジンの使い方、機能、仕組みなどについて調査し、その調査の結果を基に考察を行いレポートを作成しなさい」である。
コンリテⅡ課題1再提出の講評に、こんなことが書いてあった。

「2-1は検索エンジンの調査と考察です。
調査後自分でレポートのテーマを決定し、序文で宣言してください。」

自分でレポートのテーマを決定するということ、検索エンジン以外の何か(テーマとなること)を当て込んでレポートを書けということだと思う。
だから、レポートのタイトルは

○○○と検索エンジンの関係について
○○○からみる検索エンジンについて
○○○と検索エンジンの×××についての考察

こんなようなカンジになるだろうと、勝手に判断。

そう、この判断が間違っていたら、せっかく書いたレポートはパーである・・・(≡д≡)

でも、そこは自分を信じて、とりあえず書き上げてみた!
出してダメなら、また書けばいいのだヽ( ´¬`)ノ

序論
GoogleはSEOについて「SEO とは、「検索エンジン最適化(search engine optimization)」または「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」の頭文字です」(*1)と説明している。検索エンジンに対しウェブサイトやウェブページを最適化するということは、SEOは検索エンジンと深く係わりがあるものだと考えられる。そこで、検索エンジン最適化(以下、SEO)と検索エンジンの関係について調べ、SEOにおいて何が大切かを考えた。

本論
①googleの検索エンジンのシェア率
②googleの検索の仕組みと検索エンジン最適化
③SEOによるgoogle検索エンジンの悪意的操作と対策

結論
①本論を振り返って一言まとめ
②検索エンジンへの最適化において大切なことは、技術的にはアルゴリズムを理解し、正直かつ的確な対策を施すことであり、理念的にはユーザーの利便性を第一に考えることであると考えるに至った。


ってか、検索エンジンのレポートぢゃなくて、googleのレポートになってる・・・(≡д≡)
(だって、学習指導要領に「出題1では、1つの検索エンジンについて調べても、複数の検索エンジンについて調べても構いません」って、書いてあるんだもーん)

ってか、検索エンジンのレポートぢゃなくて、SEOのレポートになってる・・・(≡д≡) 
(だって、課題1の添削に「自分でレポートのテーマを決定」って書いてあるんだもーん)

ま、これで合格してくれれば御の字である。
出してみなきゃわからんのだ。
さて。今度のツッコミ満載の講評、何文字になるのかなぁ・・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿