2014年4月29日火曜日

超簡単『水張り』の方法

悩んだんですよ、水張り。
そもそもパネル張りは角を折るのがどう考えても不器用なぼくには不可能そう。
平張りするにも、刷毛で均一に水を塗るなんて芸当はできそうもない。

そんなこんなで、センパイ方のブログを徘徊し、造形ファイルを何度も見、水張りで検索しまくって、一番簡単な方法を見出しました。
やってみたら結果完璧!
ぼくでもできるなら、ゼッタイ誰でもできる!!!
そんなこんなで、ぼくの水張りの方法だすよ。

今回はA2のパネルに仕上りB3にするので、A2より小さくB3より大きいB4切(Bよんさい)サイズの紙を使用。
水張りテープは世界堂で一番安かったやつです。


では、手順。

① バスタブに水を張る(残り湯OK)&紙の裏に印をつける
水にひたると紙の裏表がすごいわかりにくくなるですよ。

② ①に紙を投入!
一度水にしっかり浸けてから放置すると、勝手に浮いてくるです。
先に裏面を下にしたほうがいいみたいです。


③ そのまま10~15分放置

④ 裏表ひっくり返してさらに10~15分放置

⑤ しっかり紙が水吸いまくってるのを確認してから、紙の角を吊るして水を切る。
このとき、水滴がポタって落ちなくなればOKなので、手で持ってても数分で水が切れるです。


⑥ パネルにのっけて水張りテープを張る。
紙が限界まで水を吸ってるので、すごい簡単にパネルに密着するですよ。
刷毛で水を塗り塗りする方法だと気泡が入ったりいろいろあるみたいですけど、これだとちょー簡単に密着するですよ。


水張りテープは紙よりちょっと長いくらいでいいだすよ。
水をテープに塗るのは、べつに高い水張り刷毛とか買わなくても、ぬらした布でもキッチンペーパーでも指でもできます。
買わなくていいだす。


⑦完全に乾くまで陽のあたらないところで半日~1日放置。
ぼくはお風呂場に放置しました。



こんだけですー。
放置時間除けば、作業時間はたぶん10分くらい。
水張り失敗したー、とか、ゆがんだー、とか、いろいろネットで見たけれど、これなら失敗なし!
ほら、こんなにキレイにできたですーヽ( ´¬`)ノ




⑧絵を描いたらパネルから剥がすんですが、パレットナイフが重宝しました。
ちなみに100円ショップで買えます。



問題は、最後のB3サイズへの切り取りで失敗しちゃったこと・・・ま、これはまた別の話ということで・・・( ´△`)





0 件のコメント :

コメントを投稿