2014年4月25日金曜日

定規とコンパスで直角を描く

明日の造形基礎Ⅰの課題をやりに大学に行く準備をしていたら、三角定規がないことに気がついた。
造形基礎Ⅰの課題には、デカい模造紙にドローイングして、その紙からB3サイズに切り取るというのがあるのだ。
切り取るとき、ちゃんと角が全部直角の四角に切り抜くには直角がとれないといけない(と思うー)。
それで直角がとれる三角定規を探していたんだが・・・・ないっ(≡д≡)

明日の朝は8時には家を出る。
さて、どうしよう。

悩んでたら、とーちゃんが「定規とコンパスあれば直角描けるぞー」って、直角講座が始まった。
算数ができないぼくはすぐに忘れそうなので、記録しておくことにする。


① 直線を描く

② 直線に点を打つ(コンパスの針推奨)

③ ②の点の左右に、②の点から同じ距離の位置に点を打つ

④ コンパスの針を③の点において円弧を描く

⑤ ④で描いた円弧の交差するところと②の点を結ぶ線を描く


・・・・・・・・・w( ̄△ ̄;)wおおっ!直角である!!!

よし。
これで明日はB3の四角を模造紙に描ける(はず)でござる!!!

明日ははぢめての吉祥寺校。
定規とコンパスもカバンに詰めて、今日は早めに寝るとしよう“o(* ̄o ̄)o”♪

0 件のコメント :

コメントを投稿