2014年3月30日日曜日

はじめてのデッサン体験

今日は暴風吹き荒れる中、世界堂アートスクールの「はじめてのデッサン体験」に行ってきました。
なぜなら、ぼくは絵が描けないのです・・・美大に行くのに!ド下手くそなんですっ!!!
そして、大学の課題は何かにつけてスケッチやらイラスト描いたりしないといけない上に、造形基礎という科目は必修で、かつ、デッサンがあるのです!!!

必修科目以外はなんとかごまかしてとか考えたけど、必修科目で、かつスクーリングで先生の前でデッサン描かないといけないとなると、ごまかすことは120%不可能。
というわけで、お勉強生活が課題に追われる日々になる前に、ちょっとデッサン教室に行ってきました。

最初に先生とちょっとお話。

先生「なんでデッサン?」
ぼく「いやー、大学の課題でデッサン必修なんですー」
先生「絵の経験は?」
ぼく「皆無です。しかもへたくそです。」
先生「ちょっと○(まる)描いてみて?」
ぼく「はい・・・・」

先生「沈黙・・・」

ぼく「先生、○になりません!!!」
先生「うん。卵だねぇ。それ。デッサンもだけど、まず鉛筆の持ち方から・・・」

そして始まったデッサン教室。
線を引くときの鉛筆のもち方。
紙のどこにどれくらいの大きさで書くのか。
描くものと紙の関係のこと。
もう初歩の初歩から教えてくださいました。

石膏の正立方体を描いたのですが、ここでまたあの問題が・・・

ぼくは、算数もできない。

先生「ここが12センチで、12センチがこれくらいでしょ?そしたらここはどれくらい?
ぼく「うーん・・・・」
先生「ここ、直角でしょ?そしたらここは何度?」
ぼく「たぶん30度くらい!」
先生「ぶー、そこは90度の何分の一くらいにみえる?」
ぼく「うーん・・・・たぶん4分の1くらい!」
先生「じゃ、ここは何度?」
ぼく「30度ヽ( ´¬`)ノ」
先生「・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・」

先生「この長方形、この辺を軸にぐるっと回すと何になる?」
ぼく「四角っヽ( ´¬`)ノ」
先生「・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・」

こんなやりとりを繰り返しながら、終了予定の17時を軽く超え、18時までがんばって図を描き描きしながら教えてもらいました。

そんな先生の血と涙のお絵かき説明の図。
限りなく小学校の低学年の授業内容と思われる、角度とか、円とか、立体とは・・・とかたくさん教えてもらいました!


途中、鉛筆はぼくの手クセ(?)や筆圧だったらここのやつのこの濃さのがオススメ!とか、練り消しはコレ!とか、お買い物指南もしてくださいました!

そして、7割がた手直しされながらではあるけれど、人生ではじめて立体を描いたのがこれ!
ぼくにも立体が描けたでござるーヽ(*⌒∇⌒*)ノ



そして、帰り際に先生に質問。

ぼく「せんせーい、実は課題で自画像のデッサン描かないとなんですけど、ぼくでも描けますか?」
先生「今じゃムリだろうな・・・」
ぼく「そ、そこをなんとかっっっ・・・\(;゜∇゜)/」

そしたら、こっそり裏技的な顔とかを描くコツを教えてくれました。

世界堂のアートスクールは、1回だけでも受講できて、それはデッサンでも絵画でも何を持ち込んでもいいとのこと。
(その先生だけなのかもしれないけど)
課題、今日授かった必殺技でなんとかならなかったら、また先生がいる日曜日に駆け込むことにしよう!

今日はデッサンの知識もだけど、いざというときの絵の相談ができる先生に出会えたことが最大の収穫だったと思う。

-------------

本日の費用
はじめてのデッサン体験の受講代:3,675円

※世界堂のアートスクール
http://artculture.grupo.jp/


0 件のコメント :

コメントを投稿